アルジェリア空軍


 アルジェリアは、1954年に始まった数年間の武装闘争後、1962年7月3日に独立を得た。終戦までに、フランスの植民地支配者は、ここに、約800機と兵士100万人を有していた。

 アルジェリア空軍の創設は、国産訓練機「ゴムフリア」×18機を引き渡したエジプトの支援から始まった。ベン・ベラ大統領が 社会主義思想への忠誠を表明した後、ソビエト製兵器が川のように国内に流れた。数ヵ月後(1962年11月)、最初のソビエト顧問団とMiG-15UTI教育機×5機、Il-14輸送機×6機、Mi-4ヘリ×10機を含むソビエト製兵器が到着した。しかしながら、代表用に、ビーチクラフトD-18軽飛行機×2機が購入された。1963年、モロッコとの国境紛争において、ソ連は、アルジェリア側に完全に立ち、モロッコが西側を指向し始めた後、アルジェリアは、社会主義陣営諸国とより密接に協力し始めた。1964/65年中、Il-18輸送機×4機、Il-14×8機、An-12×7機、MiG-15bis戦闘機×20機、MiG-17F×30機、Il-28爆撃機×12機及びMi-1ヘリ×3機が同国に到着した。アルジェリア人パイロットの訓練は、エジプト及び中国で行われた。その外、同国領土では、ソビエト人及びエジプト人顧問が働いた。1965年、リビア領土へのアメリカ軍事基地の展開に対する回答として、連邦から、より近代的な装備が導入され始めた。つまり、1966年になって初めて、MiG-17及びIl-28の追加機が納入され、それと共に、MiG-21Fの最初の6機(発注機37機の内)及びMi-4×20機が到着した(アルジェリア機の大部分は、訓練された自国人が明らかに足りなかったため、この時まで、外国人パイロットが操縦していた。)。

 1967年の近東での戦争時、若干の空軍部隊は、アラブ側で戦闘行動に積極的に参加した。少なくとも、イスラエル人は、同国空軍のMiG-21F及びIl-28の参加に関する情報を公表した。未確認の情報によれば、誤って奪取された飛行場に着陸したとき、6機の戦闘機がイスラエル人の戦利品となった。

 1969年、ソビエト機に加えて、西側製も調達され始めた。フランスからは、「プーマ」ヘリ×5機及びフーガ「マジステル」訓練機×28機が受領された。その結果、1970年までに、アルジェリア空軍の装備には、約200機の軍用機、MiG-21F×35機を有する3個飛行隊、1個連隊(MiG-17F×40機)、Il-28飛行隊が存在した。軍事輸送航空隊は、An-12×8機、Il-14×14機、Il-18×3機で代表された。訓練構成要素は、「ゴムフリア」×18機、アヴィアC.II及びフーガ「マジステル」×12機だった。ヘリは、Mi-4×40機、Mi-1×3機及びヒューズ269A×7機で代表された。

 1971年、平和協定が締結され、その条項に従い、アルジェリアは、ソ連空軍の駐屯のために、自国の航空基地を18年間提供した。その結果、間もなく、同国空軍の識別標のみを付けた多数の新しいMiG-25及びSu-7が現れた。

 1973年、アルジェリアのSu-7飛行隊は、近東での戦闘行動に再び参加したが、その戦闘業務については、いかなる詳細もない。

 同期間、保有機は、 西側製機によっても満たされ続け、フォッカーF-27×6機、ビーチクラフト「スーパー・キング・エア」×1機、ビーチクラフト「クイーン・エア」×3機及び消防用のケネドエアKL-215水上機×2機が受領された。

 1978年、MiG-21が行進され始め、改良型のMiG-21MF及びbisが装備に導入され始めた。翌年、最新のソビエト製戦闘機MiG-23/BM/MF/Uも導入され始めた。その外、「マッハ3」のMiG-25/Rも存在した。全てのSu-7は、Su-20と徐々に交換された。訓練機は、ビーチクラフトT-34C「ターボ・メンター」×6機及びビーチクラフト200×3機 の米国からの購入により著しく近代化された(このことは、旧式のゴムフリアとアビアを「第一線」から外すことを可能にした。)。1981年のテヘランのアメリカ人人質の解放 の援助に対する感謝として、米国から、6機のC-130H「ハーキュリーズ」輸送機が導入された。後に、 更に12機の同型機が受領された(少なくとも、その内7機は、改良型のC-130H-30だった。)。An-12は、徐々に空軍の編成から外され始めた。

 90年代初め、空軍の主力は、MiG-23各型×60機、Su-20×30機及びMiG-21×80機が構成した。残されたMiG-25は、良く分からない理由で、 戦闘教育の部類に移管された。見たところ、ソ連崩壊後、同型機に対する技術監督が停止され、機体は、地上に縛り付けられることになった。

 1988年、アルジェリアは、最新のMiG-29の購入に関心を表したが、当初、恐らく、政治的理由により、これは拒否された。

 1994年になって初めて(ベラルーシの仲介の下)、アルジェリア人は、若干機の同型機を調達し、現時点において、同国の主要防衛力でもある。

 購入の中では、「マジステル」と交替した1987〜90年のL-39「アルバトロス」訓練機×24機の調達も指摘すべきである。

上へ アルジェリア空軍 アルジェリアの特殊部隊 アルジェリアの情報機関

最終更新日:2052/09/07

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー