空挺コマンド

Para Commandos

horizontal rule

 1965年の印パ戦争中、各歩兵連隊からの志願兵から成った暫定コマンド部隊は、親衛旅団のMegh Singh中佐により組織された。部隊は、Meghdoot部隊と名付けられ、戦争を首尾良く遂行した。このようにして、1966年6月、インド政府は、恒久的コマンド部隊を編成することを空挺連隊に許可した。

 第9大隊として知られる部隊は、Megh Singh中佐により指揮され、彼は、その中核として、Meghdoot部隊からの隊員を利用した。1967年6月、第9大隊の要素が、2番目のコマンド部隊編成のために取られ、第10大隊(Gwalior)と命名された。

 しかしながら、1967年7月、両部隊は、Gwaliorを離れ、第9大隊は、北部山地で作戦を行い、第10大隊は、西部砂漠で作戦を行った。1969年、これらの大隊は、第9及び第10空挺コマンド大隊に改称された。空挺コマンド大隊は、空挺連隊と異なり、地理的専門化(例えば、砂漠又は山岳戦)を発達させ、当該区域に配属された。

 空挺コマンドは、1971年の印パ戦争で最初の戦闘を味わい、勇敢に行動した。第9空挺コマンドは、ジャムー及びカシミールで戦闘を経験し、第10空挺コマンドは、SindhとPunch及びChachro防衛で砲火の洗礼を浴びた。1971年に彼らが勝ち取った戦域及び戦闘の名誉は、彼らの勇気の証明である。

 1970年代後半までに、インド空挺部隊は、高高度・低空開傘(HALO)技術を実験し始めた。同時に、第1Punjab連隊は、陸軍の3番目の空挺コマンド大隊への転換のために選定され、第1空挺コマンドに改称された。しかしながら、第1空挺コマンドは、地理的専門性を割り当てられず、空挺連隊の「戦略予備」に指定されている。

 高高度・低空開傘(HALO)空挺降下用に装備されたこの空挺コマンドは、黒い降下服、鉄帽、腕高度計、及び米国のリーフ・パターン迷彩カバー の付いた方形パラシュートを着用している。彼は、主要兵器として、7.62mm SLRを持っている。

  1980年代中盤、特殊戦力連隊の下に3個空挺コマンド大隊を一緒に持ってくる計画があった。しかしながら、この計画は、放棄され、空挺コマンドは、空挺連隊により訓練及び募集され続けている。

 1980年代、空挺コマンドは、Bluestar作戦、つまり、パンジャブの黄金寺院の占領に投入された。この任務において、空挺コマンドは、その目標を達成したが、犠牲は大きく、17人が死亡し、多くの者が負傷した。80年代後半、インド陸軍のスリランカ介入が行われるや、空挺コマンド、即ち、第9及び第10空挺コマンドは、部隊の一部となった。

 しかしながら、インド平和維持軍(IPKF)による適切な計画立案の欠如とLTTEの行方に関する情報不足は、1987年10月11日 の最初のヘリボーン強襲を惨めな失敗に終わらせた。6人の空挺コマンドが、当任務中に生命を失った。ジャフナ市突入失敗後、第10空挺コマンドは、1987年11月、北西22kmのMoolai町へのヘリボーン強襲に参加した。ゲリラ25人が殺害され、武器庫が占領された。コマンドに戦闘経験を与えるために、第10空挺コマンドは、1988年初めに帰国し、第9空挺コマンドと交替した。

米国製夜間暗視装置を付けたインド製7.62mmSLRを構えた空挺コマンド この大隊は、1988年6月に帰還することが予定されたが、派遣は、Mullaittivu周辺の沿岸湿地帯に計画された空中襲撃のため延長された。任務は、数ヶ所の武器庫が位置する場所において大成功を収めた。第9空挺コマンドも、駐スリランカ・インド高等弁務官事務所の警備のために、12人を提供した。1988年11月3日のPLOTE傭兵によるインド南西岸の島嶼国家、モルジブの占領と共に、空挺コマンドは、 もう一度行動に召集された。第10空挺コマンドは、第6空挺大隊と共に、1988年11月4日、IL-76、An-32及びAn-12輸送機の編隊から降下した。

 同朝遅く、第10空挺コマンドは、逃亡する傭兵を捜索するために、島の郊外にMi-8ヘリから降下した。Cactus作戦は、成功し、空挺コマンド又は他のインド部隊の生命の損失なしに終わった。空挺コマンドの最新の大隊は、1996年2月1日に第21空挺コマンドに転換された第21 Maratha軽歩兵である。

 空挺コマンドは、中隊又は時折、大隊級ですら運用される。彼らは、特殊戦術、非武装戦闘及びその自然環境下でのサバイバルを訓練される。その主要兵器に加えて、彼らは、手榴弾とジャックナイフも携帯する。パラシュート訓練は、Agraで行われる。空挺コマンドは、第1、第9、第10及び第21空挺(特殊戦力) として言及されるが、一般にインドの「Red Devils」と呼ばれ、無上の精神と彼ら独自の感を有している。

 空挺コマンドの目標は、以下のことである。

bullet

歩兵のエリート戦闘部隊としても機能すること。

bullet

戦闘地帯においてコマンドの優勢を確立すること。

bullet

秘密手段により敵の作戦を混乱させること。

bullet

コマンド手段を通して敵の通信線を妨害すること。

bullet

敵戦線内の秘密攻撃により、敵の緊要地域及び地点を破壊及び妨害すること。

horizontal rule

上へ

最終更新日:2004/04/09

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー