イランの通信産業

■電話通信は、弱体だが、近代化過程にある。

bullet

電話線数;700万

bullet

携帯番号数:26万5千

■ラジオ放送:

bullet

AM局数:72

bullet

FM局数:5

bullet

短波局数:5

bullet

ラジオ受信機:1,700万

■テレビ放送:

bullet

テレビ局:28チャンネル(プラス、中継局450)

bullet

テレビ受信機:460万

移動体通信

 イランにおける携帯電話市場は、その急速に増大する人口と共に、実際、純粋にいくつかの「アジア的特徴」と共に、事実上無限である。1994年から1996年の期間、 ここでは、35都市をカバーする百万以上の携帯電話線が数えられた。2000年既に、テヘランの街路では、数千人の人々が移動体通信の契約に列を成した。これは、国営遠距離通信会社Telecommunications Company of Iran(TCI)が 、事後百万人までのユーザーの増加を伴う加入者60万人のGSM標準の移動体通信網の創設に関する契約をスウェーデンのEricsson社 と締結したおかげで起こった。テヘランの証券取引所では、非常に多くの者が特に個人携帯電話の契約に金を投資することに決めたため、金、ドル及び株式の価格の暴落すら起こった。

 2000年、Nokiaは、テヘランにおけるGSMネットワークの今後の発展に関する協定をイランのTCI社と署名した。Nokiaは、1994年からTCIと協力して働き、GSMネットワーク用の設備と技術を供給した。協定署名後、Nokiaは、イランにおけるGSM網の指導的納入業者の地位を強化した。

遠距離通信

 イランにおける最初の遠距離通信手段(無線、電信)は、ロシアと英国の利権のおかげで、19世紀末に現れた。1890年、マシンドウディ(Mashindoudi)とシャフル(Shahre)間、後にカムラニイ(Kamraniy)管区とイラン国防省間、少し後にスルタン・アバド(Saltanat-Abad)管区と王宮間に電話通信が設置された。イラン最初の遠距離通信会社となったのは、 「至るところに浸透していた」ドイツのSiemensだった。同社は、1926年にイランでその活動を開始し、既に当時、新しい通信線により、2千人以上の加入者が接続された。

 遠距離通信の発展における飛躍は、事後熟練要員と設計で国を保障した独自の遠距離通信科学研究所が組織された1970年に起こった。

 この時から、イランにおいて、独自の電気システム産業も発展し始めた。1978年から1984年までの短期間に、電話通信が1,363の農村地(アウル)、101都市間に設置され、 並びに4,083台の公衆電話が設置された。1989年、Yazd Telecom Cable Manufacturing社が開設された。その最初の成功したプロジェクトとなったのは、テヘランとカラジュ間の光ファイバー通信線の敷設だった。

 イランにおいて、国際通信線は、アゼルバイジャン及びトルクメニスタンとのアナログ無線中継線、アルメニア及びクウェートとのデジタル無線中継線により保障される。Fiber-Optic Link Around the Globe(FLAG)及びアジア・欧州横断光ファイバー幹線(TAE)へのアクセスを有するUAEの海底光ファイバー線が存在する。この通信線は、 約4年前、イランを経由して、中国からフランクフルトに延び、隣国(アゼルバイジャン、グルジア、トルクメニスタン)との通信も保障している。イランの専門家により、トルクメニスタン領内のТАЕ区画も建設された。現在、 イラン内のTAE線は、国内外のトラフィックを間断なく保障している。

 国内に必要な全遠距離通信設備の約80%が、イラン自身で生産されている。少なからず、これは、同国政府の熟慮された投資政策の成果である。それにも拘らず、1979年から、憲法に従い、「貿易、産業、農業、 鉱山及びサービス領域において、会社及び組織の創設のために外国人に利権を提供することは禁じられる」が、特別法令により、外国企業は、イランで働くことができる。

 それにも拘らず、現在、加入者百人当たりの電話線数のような電話化水準の指標は、イランにおいて14.45に達し、全中近東地域で最高である。2000年、イランでは、26,615の農村居住区が電話通信を有していた。この際、全通信線の80%以上がデジタルだった。

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー