イランのF-14「トムキャット」

 1970年代初め、シャーのイランは、近東において規模に関して2番目の軍用航空機を保有し(イスラエルに次いで)、ソ連にとってすら重大な軍事的敵と考えられた。石油が豊かな国家は、米国と暖かい関係を維持した。結果として、帝国空軍又はIIAF(Imperial Iranian Air Force)の基盤は、アメリカ製の戦闘爆撃機、F-5A/E「タイガー」及びF-4D/E「ファントム」が構成していた。これらの機体は十分近代的と考えられたにも拘らず、その1機も、イランの空を安全だと感じたソビエトのMiG-25の偵察飛行を阻止できなかった。

 1972年5月のイラン訪問時、米大統領ニクソンは、侵犯機と上手く戦える迎撃機をムハメッド・レザ・パーレビ国王に提供することに決めた。そして1972年11月、上院の承認が得られた。

 アメリカ人は、当時最も近代的な2つの戦闘機、「グラマン」社のF-14A「トムキャット」と「マグダネル・ダグラス」社のF-15A「イーグル」を提案した。1973年8月、イランは、F-14Aを好んで選定した。そのような選択が何によってもたらされたかは明らかではないが、高速で、高高度を飛行する目標であるソビエトのMiG-25の迎撃機として、強力なレーダーと長射程ミサイルAIM-54A「フェニックス」を装備する「トムキャット」 以外に、最も良く適したものはなかった。

 1974年1月、30機の納入注文書が署名された。1974年5月、イランのパイロットが、訓練のため米国に派遣された。主として、これは、F-4「ファントム」で長時間飛行した経験豊富なパイロットだった。一方、「グラマン」社の専門家がイランに到着した(約1千人)。6月、発注機数が50機増加され、計80機にまで達した。

 最初の機体は、1976年1月にイランに到着した。F-14A-90-GR/F-14A-95-GR系列の機体が納入された。総じて、これらは、アメリカの類似の「トムキャット」と変わるところがなく、例外は、若干簡略化された航空電子機材だけだった。機体が初期のF-14Aに設置されたTF30-P-412と異なり、はるかに安全かつ信頼できる改良型のTF30-P-414Aエンジンを装備していたことを指摘すべきである。

 国が王室50周年を祝った1977年5月までに、12機が納入された。「トムキャット」の配備地となったのは、同機のために特別に設備されたイスファハン(ハタミ)(Isfahan(Khatami))基地とシラーズ(Shiraz)基地だった。迎撃機と共に、イランは、その「主砲」たる長射程ミサイルAIM-54A「フェニックス」 も調達した。計714発のミサイルが発注された。

 イランの装備におけるこれほど恐るべき機体の出現にも拘らず、MiG-25の飛行は中断しなかった。1977年8月、「フェニックス」の展示発射が成功し、その結果、15kmを超える高度で飛行するBQM-34E標的機が撃墜された後初めて、ソビエトのミグは、イランの空から消えた。

 その間、同国の全般的社会・政治状態は、空軍の状態のように楽観的ではなかった。1979年2月11日、イスラム革命として知られる事件が起こった。シャーは打倒され、国外に亡命した。イランでは、西側とのいかなる関係も否定し、米国も、ソ連も、「タグチ」(言い換えれば、「悪魔の僕」)と宣告したアヤトラ・ホメイニを長とするイスラム原理主義政権が樹立された。一方、米大統領カーターは、イランに対して経済制裁を科した。「グラマン」との接触は、直ちに停止された。

 計79機が納入された。最終機は、米国に残り、試験台として使用された。後に、ポイント・ムグ(Point Mugu Naval Air Station)に移動し、2000年秋 に至るまで、米海軍の需要のために使用された。

 「フェニックス」は、更に悪い状態にあった。284発しか受領されなかった。しかし、これらすら、完全な規模で使用できなかった。問題は、ある破壊工作が行われ、その結果、77機の「トムキャット」全機が「主砲」を使用する能力を失ったことにある。今に至るまで、誰がこの破壊工作を準備し、行ったのか特定されていない。これが同国から去った「グラマン」の技術者か、新政権に対していかなる幻想も抱かなかったイラン空軍要員だったと予想できる。若干の情報筋は、親シャーの空軍に復讐したイランの原理主義者自身が破壊工作を行ったと主張している。

 破壊工作の性格も、正確には知られていない。機体とミサイル間の 相互動作を担当する「トムキャット」の機上コンピュータのソフトウェアの破壊又は損傷が、最も単純かつ効果的なものと呼べる。しかしながら、 この仮定の別の解釈を許さない証拠は、見つからなかった。

 原理主義者体制は、その間、軍隊列内におけるシャーへの共感を疑われる者を暴きつつ、常時「粛清」を活発に行い始めた。革命後、IRIAF(Islamic Republic of Iran Air Force)に改称した空軍の将校要員は、一層強い綿密さをもって「粛清」された。多くの高度の技能を有するパイロット、特に米国で訓練を受けた者は、弾圧され、投獄された。新しいイラン当局は、自らの手で自国空軍を破壊した・・・。

 西側の支援なく、予備部品の慢性的不足の条件下において、空軍の物的基盤は、急速に悲惨な状態に陥った。F-14Aのような複雑な機体を含むアメリカ機材の戦闘能力を保障できる多くのイラン人専門家は、投獄された。このようにして、1980年秋までに、イラン空軍は、完全に衰退した。

 ここで、1980年9月22日、避けられないことが起こった。イラクは、イランの深刻な状態を利用して、その領内に侵入した。イランの6ヶ所の飛行場と4ヶ所の地上部隊駐屯地に対して、空襲が加えられた。その後、700kmの国境線を4ヶ所同時に越えたイラク軍の大規模攻勢が引き続いた。つまり、イラン・イラク戦争が始まった。

 祖国の空を守るべき者がいないことが明らかになったとき、パイロットの多くは、復権が急がれ、多くの者は牢獄から直接、もう少しで彼らを射殺するところだった体制を守るために、「タイガー」、「ファントム」及び「トムキャット」の操縦席に送られた。

 紛争の初期段階において、両国空軍の悲惨な状態のため、航空戦力は、微々たる役割しか果たさなかった。それにも拘らず、最良の訓練水準を有していたイランの飛行士は、しばしば、空中戦での勝者に躍り出た。しかし間もなく、状況が変わった。長引く制裁と復活した将校の「粛清」は、イラン空軍の軍事的潜在力を減少させ続けた。イラクは、近射程ミサイルMatra R-550 Magicを装備するMirage F.1EQをフランスから受領し、空軍の能力を顕著に増加させた。

 「トムキャット」について言えば、予備部品不足のため、同機の少数機のみが(通常、10〜20機)、戦闘即応状態にあった。機体は、イラクの爆撃航空隊からのイランの行政及び産業の大中心地(先ず第1に、テヘラン市)の防空保障に投入された。しかしながら、Tu-22B爆撃機及びMiG-25RB偵察爆撃機を迎撃する1度の試みも成功しなかった。加えて、イラク戦闘機との衝突は、通常、「トムキャット」に不利に終わった。この理由により、後者のパイロットは、敵との直接接触を避ける指示を受けた。「トムキャット」は、直接の用途である強力なレーダーを装備する迎撃機としてではなく、敵機の接近に関する通報と他の戦闘機の目標への誘導のための一種の「ミニAWACS」として使用され始めた。 そのようなものとして、「トムキャット」は、しばしば、F-4E及びF-5E戦闘機の援護を有した。このようにして、その低い戦果にも拘らず、機体は、イラン空軍にとって非常に価値あるものだった。

 若干機のF-14Aは、戦闘で失われた。しかし、通常起こるように、両者は、機数について相互理解に達しなかった。

 終戦後、イラクは、11機のF-14A撃墜について表明した(表1.参照)。イランは、12機の損失を認めたが、敵火が原因ではなく、空戦時に起こった エンジンの破損の結果である。1983年3月の1機のF-14Aの損失のみ認めている。

 多くの情報筋は、少なくとも3機の「トムキャット」が撃墜されたことで一致している。

 1機目は、1982年11月21日、Matra R-550 Magicミサイルの助けの下、Mirage F.1EQ戦闘機により撃墜された。「トムキャット」に対する「ミラージュ」(Mirage F.1EQ-2)の2番目の確認された勝利は、1984年7月1日に当たる。この機体も、R-550ミサイルにより撃墜された。

フランス機

 「ミラージュ」F.1EQは、攻撃機としても、戦闘機としても悪くはなかった。F-14Aに対しては、次のような戦術が使用された。低空目標の発見における「トムキャット」のレーダーの制限を利用して、 可能な限り最大速度で、極低空で、イランの迎撃機の下を通過した後、突然高度を上げ、「トムキャット」にレーダーを照射し、1〜2発の近射程ミサイルを発射した。

 Matra R-550 Magicミサイルも、自らを良く発揮した。イラク人は、「ミラージュ」だけではなく、MiG-21のような旧式戦闘機でも、ミグ標準のR-3(AA-2「Atoll」)を交換して上手く使用した。


イラク空軍のMirage F.1

 1983年3月、MiG-21は、R-550の助けの下で、更に1機のF-14Aを撃墜した。両イラン人パイロットは、捕虜となり、後に、旧式のMiG-21が彼らの「トムキャット」を撃墜できるとは全く予想していなかったことを認めた。

 一方、イラン人の表明は、余り控えめではないように見える。彼らは、F-14Aが撃墜した敵機45機を主張している。その中には、多数のMiG-21、Mirage F.1EQ、MiG-23並びに数機のTu-22B及びMiG-25RBすら存在する。若干の情報筋は、25機(特にMiG-25RB)がAIM-54A「フェニックス」ミサイルにより撃墜され (!)、イラン人は、1983年1月から2月までの短期間でその大部分を撃墜したと主張しており、「フェニックス」自体は、その備蓄が単に尽きた1986年に至るまで活発に使用された 。

 空軍を支配した全般的衰退を背景に、この数字は、説得力がないように見える。加えて、1979年の破壊工作の結果がどのようにして克服されたという疑問が直ちに生じる。情報筋の大部分は、実際には「フェニックス」が戦闘で使用されなかったという意見に達している。

 文書上、イラクのMirage F.1EQ×2機とMiG-21×1機の計3機の「トムキャット」によるイラク機撃墜の事実が確認されている。

イラクのMiG-21

悲劇

 1988年7月3日、アメリカの巡洋艦「Vincennes」は、イランのIran Air Flight社に所属するAirbus A-300旅客機(655便)を対空ミサイルで撃墜した。表明によれば、エアバスは、イランの戦闘機F-14A「トムキャット」と誤認された。「ミス」の結果は、290人の犠牲者となった。

 現在、イランの装備には、50〜60機のF-14Aが残っている(表2.参照)。戦闘可能機数は、最も大胆な見積で、20〜25機(アメリカ筋は、更に少なく15〜20機、時には10機以下と主張している。)を超えない。この状況は、数機が残りの機体の戦闘即応性を維持するために予備部品に分解されていることで説明される。そのような「共食い」は、イラン空軍において、普通の現象と考えられている。

 一方、イラン人は、はるかに多くの機数の戦闘能力のあるF-14Aについて表明している。実際、1985年2月11日の観閲式時、テヘラン上空には、計25機の「トムキャット」が同時に飛行した!イラン空軍の力の誇示をこれほど効果的に保障するために、数機がスクラップとせざるを得なかったと推測する外ない・・・。

 事実がどうであれ、1つのことが明らかである。制裁のため、イランは、F-14A、並びに別のアメリカ機、F-4及びF-5用の予備部品の不足を常に経ている。 この証明となり得るのは、多くのアメリカ軍人と官僚が巻き込まれた米国からイランへの予備部品の非合法納入と関連した巨大なスキャンダルだった。

 それにも拘らず、イランは、予備部品の100%が国産、Iranian Aircraft Industries(HESA)の工場で生産されていると主張している。しかしながら、米諜報部は、この数値を70%にまで下げ、残りを非合法納入としている。予備部品が秘密協定によりイスラエルから入っていると主張する情報筋すらいる!

 困難な状態にも拘らず、「トムキャット」は、戦闘当直に就き続けており、空軍の「エリート」機と考えられている以上なおさらである。装備としては、AIM-7及びAIM-9ミサイルが使用され、通常のセットは、「スパロー」ミサイル×4発と「サイドワインダー」ミサイル×2発 を含む。イラン筋はまた、HESAの工場において、失われたアメリカ製ミサイルの代替を目的とした現地版「スパロー」ミサイルを生産していると伝えている。

 1機以上のF-14Aが技術援助と交換でソビエト連邦に搬出されたという情報が存在する。加えて、少なくとも1人の「トムキャット」の搭乗員が、飛行機と共に、「ソビエト側」に脱走した。ある主張によれば、イランの「フェニックス」も、ソビエト連邦、正確に言えば、設計局「ヴインペル」の手に入り、MiG-31迎撃機が装備する長射程ミサイルR-33(AA-9「Amos」)の開発を可能にした。「ヴインペル」の主任設計師ゲンナジー・ソコロフスキーは、 この非難を否定し、彼のチームが「生きたフェニックス」へのアクセスを決して有さなかったと語っている。

「フェニックス」は良かったのか?

 「フェニックス」ミサイルが実戦で自らを発揮したかは知られていない。争う余地のない長所と並行して、明らかな欠点も存在することは明らかである。

 新しい武器システムには、その複雑さと「フェニックス」ミサイルの少なからない価格(980,000ドル。別のデータによれば、477,131ドル)という2つの主な欠点があった。1975年に至るまで、「フェニックス」の全ての発射は、最も経験ある搭乗員が行った。 非常に少数の戦列飛行士とオペレーターのみが、その経歴に渡って、AIM-54ミサイルの発射を実施できた。「フェニックス」は、戦闘訓練過程で使用するには余りに高価な兵器だった。提督の1人は、これに関して、こう指摘した。「教育過程での使用が許されない武器システムは、実際の空中戦で高い有効性を当てにするのは難しい」。F-14の搭乗員が一度も自分の「長い手」を真の敵に使用しなかった以上、恐らく、彼はかなり正しかったのだろう。

 80年代中盤、AIM-54「フェニックス」 ミサイルから疑問が生まれ、米国でのその技術評価も変わった。つまり、米下院のために準備された報告書によれば、AIM-54ミサイルによる目標撃破確率は、実条件下での発射統計の欠如のため、正確な予測を経ていない。シミュレーションに基づき、その有効性は、0.5以下と評価されている。E-2「ホークアイ」AWACS機からの誘導なしに、自動モードで低空目標を迎撃するF-14戦闘機の能力の制限が認められた。AIM-54Aミサイルは、著しい電磁反射を有するKh-22型の旧式対艦ミサイルに対してのみ迎撃可能である。「フェニックス」は、航空型、艦載型を問わず、より近代的な対艦ミサイルに対峙することはできない。


イランのF-14Aパイロンに設置されたホーク改

 イランのプレスは、残り全てのF-14Aが打撃作戦遂行用に適応され、各種空対地装備を搭載できると伝えている。イランが自力でAN/AWG-9レーダーの改良を行い、その有効距離を増加させ、並びに「トムキャット」を近代的な空対空ミサイルR-73(AA-11「Archer」) に適応させたという報道も行われた。

 ロシアがF-14Aの維持及び事後の近代化においてイランに援助を提供することは、全く許容される。新しい機体は、ロシア製レーダー及びエンジン、並びに改善されたコクピットを装備するものと予想される。これら全ての改良は、イランの「トムキャット」を21世紀の要求に一致することを可能にする。

 最後に、F-14Aの運用の際に得られた技術経験が、イランの将来の戦闘機Sa'eqeh-80の開発の際の基盤となったことを付け加えるべきである。

表1.1980〜1988年のイラン・イラク戦争における「トムキャット」の損失
(イラク側の表明による)
年月日 撃墜機 被撃墜機 武器 備考
1982年11月21日 Mirage F.1EQ F-14A Matra R-550 Magic デフライヤン市地区での戦闘
1983年3月 MiG-21 F-14A Matra R-550 Magic イランのパイロットが捕虜となった。
1983年9月11日   F-14A×2   イラク機の迎撃時に撃墜
1983年10月4日   F-14A    
1983年11月21日   F-14A   バフラガン(Bahragan)市上空での空中戦時に喪失
1984年2月24日   F-14A    
1984年7月1日 Mirage F.1EQ-2 F-14A Matra R-550 Magic  
1984年8月11日   F-14A×3    

表2.F-14A迎撃機を装備するイラン空軍部隊
基地 部隊 管区
メフラバード/テヘラン(Mehrabad/Tehran) 第83戦術航空飛行隊 西部
シラーズ(Shiraz) 第83戦術航空飛行隊 西部
イスファハン(ハタミ)(Isfahan (Khatami)) 第81戦術航空飛行隊 西部
イスファハン(ハタミ)(Isfahan (Khatami)) 第82戦術航空飛行隊 西部
ブシェール(Bushehr) 第82戦術航空飛行隊 南部

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー