イスラム・イラン地上軍

 シャーの退位の年である1979年、陸軍は、その将兵から60%の脱走を経た。1986年までに、正規陸軍は、305,000人の戦力を有するものと見積もられた。革命の情熱と召集兵及び予備役に影響を与える数多くの小変化において、陸軍は、機構再編を経た。シャーの下、陸軍は、6個師団と500機以上のヘリ及び14隻のホーバークラフトにより支援された4個特殊戦闘連隊で配備されていた。85%の充足率は、通常、部隊の名誉だが、何人かの外部観察者は、この主張を疑っていた。

 革命に引き続き、陸軍は、イスラム・イラン地上軍に改称し、1987年、各々3個機甲及び6個機械化大隊から成る3個旅団を有する3個機械化師団、7個歩兵師団、1個空挺旅団、4個旅団から成る1個特殊戦力師団、1個航空支援司令部、並びに歩兵及び「沿岸部隊」を含む数個独立機甲旅団に組織された。元軍人から成るQods大隊も、予備役に存在した。

 1970年代中盤以降、軍の人力は、不均衡に配置された。イラン陸軍の80%近くは、公式筋が軍が迅速な再配備を行えることを維持したにも拘らず、イラク国境に沿って配備された。空軍輸送機が広範囲に使用されたにも拘らず、再配備は、開戦後緩慢だった。東部のMashhad師団本部は、アフガニスタン でのソビエトの軍事作戦とそれによるイランへのアフガン難民のため、重要なものであり続けている。

 過去、イランは、合衆国、英国、フランス、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)、イタリア、及びソビエト連邦を含む多くの国から陸軍装備を購入した。1987年後半までに、イランは、多数の供給国から武器を獲得して、その調達を多様化させた。その中には、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、中国、ブラジル、及びイスラエルがあった。これらの国から購入された兵器の多様性は、訓練と補給手続を大いに複雑化させ、 消耗戦と武器の慢性的不足に直面し、イランは、利用できる全ての源泉から購入することを望んでいた。

 イラン陸軍は、1986年、ほぼ1,000両の中戦車を運用した。多数は英国製チーフテン及びアメリカ製M-60だったが、不定数のソビエト製T-54及びT-55、T-59、T-62、及びT-72も、装備車両の一部であり、その全ては、イラクから鹵獲されたか、北朝鮮及び中国から調達された。50両の英国製スコーピオン軽戦車の部隊も存在した。ブラジルから数百両のUrutu及びCascavel装甲戦闘車が、アメリカ製M-113とソビエト製BTR-50/60に合流した。不定数のソビエト製スカッド地対地ミサイルが、リビアと信じられる第3国から調達された。そして1986年11月、合衆国は、イスラエルを経由して、ホーク地対空ミサイルとTOW対戦車ミサイルをイラン軍に補給していたことを暴露した。

 その主要作戦施設がイスファハンに位置した陸軍の航空部隊は、米国製機を広く装備したが、いくつかのヘリは、イタリア製だった。1986年、陸軍航空隊は、約65機の軽 固定翼機を運用したが、その戦力は、1980年の720機から、推測320機の戦闘ヘリとなっている。

部隊名称 駐屯地
第1軍本部 テヘラン
第2軍本部 エスファハン
第3軍本部 シラーズ
第28機械化師団 ケルマン
第84機械化師団 ホラマバード
第18機甲師団 テヘラン
第81機甲師団 カジン
第88機甲師団 アフヴァーズ
第30歩兵師団 テヘラン
第40歩兵師団 ハマダン
第58歩兵師団 アフヴァーズ
第64歩兵師団 バンダル-エ・マフ・シャフル
第77歩兵師団 タブリーズ
第23特殊戦力師団 テヘラン
第55空挺師団 テヘラン
第351SSM旅団 テヘラン
第75兵站旅団  

 

陸軍航空隊

機種 機数
Falcon 20E 2
Commander 690 5
Cessna 185 10
AH-1J Cobra 70
CH-47C Chinook 20
AB214A/C 100
AB212 20
AB205A-1 10
AB206A/B JetRanger 40

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー