法秩序警備軍

 軍に関するイラン・イスラム共和国法に従い、その構成部分である法秩序警備軍は、以下の任務の遂行を目的とする。

bullet

麻薬ビジネス及び密輸対策

bullet

反社会的現象対策

bullet

犯罪捜査

bullet

犯罪者の拘束及びその拘禁の保障

bullet

国境監督の実施、海洋経済地帯における国家利益の擁護

bullet

国境哨所及び検問所でのビザ体制の保障、イラン市民及び外国人の入出国、並びに外国人のイラン領内滞在に対する監督

bullet

道路交通規則の処理、その遵守に対する監督

bullet

青年の召集の保障

bullet

インターポールとの協力

bullet

国家施設及び最高公務員の警備の保障

 法秩序警備軍の総合指導は、法秩序警備軍担当内務次官を通して、イラン・イスラム共和国軍最高司令官が、直接指導は、法秩序警備軍司令官が実施する。

 地域的に、法秩序警備軍は、オスタナへの行政区分に一致する地帯に分割される。テヘラン市には、独立地帯が創設されている。その各地帯の長には、内務相により任命される指揮官が立つ。地帯指揮官は、法秩序警備軍司令官に直属し、オスタナに駐屯する法秩序警備軍、イスラム革命防衛隊、情報省(保安)及び軍の部隊間の活動調整を担当する政治問題・保安担当州副知事と協力する。

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー