イラン・イスラム共和国の政治・軍事機構の組織的脆弱性

危機管理研究所研究部長アレクセイ・クルイミン
危機管理研究所専門官エゴール・エンゲリガルト

 最近、国内外のマスコミと政治層において、米国の全世界的支配のバランスの模索、並びに中央アジアにおける共同行動のために、イランとロシア連邦の今後の政治、経済及び軍事的接近の可能性が活発に審議されている。テーマは、ロシア連邦がテヘランとの軍事技術協力を完全に回復することに決めた後、ますます切実なものとなった。それ故、モスクワの予想されるパートナーとしてのイランの潜在力を分析することが適切かつ緊急である。当論文は、以下のことに充てられる。

bullet

現代イランの政治・軍事組織の制度的分析

bullet

イラン・イスラム共和国が直面する主要課題及び危険へのその対応の視点からのイラン・イスラム共和国の政治組織の機能効率の分析

目次

bullet1.イランによって使用される国防潜在力の非伝統的な増加方法の分析
bullet2.イラン・イスラム共和国の国家権力の戦力ブロック
bullet3.イラン・イスラム共和国の既存の国家体制の脅威
bullet4.政治システムの進化と体制の安定性維持の展望
bullet結論

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー