アリ・ユネシ

情報・保安相アリ・ユネシ アリ・ユネシは、イラン西部のハマダン州ナハバンド市出身である。1955年生まれ。1980年、クムの工業大学を卒業した。1981〜86年、クム・イスラム・ゼミナールとテヘラン法学大学大学で法学を研究した。1997年、国家保安専攻の教授の地位を得た。

 イスラム反王政地下活動の積極的参加者で、このため、数回SAVAKに逮捕され、レバノンに亡命せざるを得なかった。70年代後半、アマル組織及びパレスチナの一連の集団の訓練キャンプで訓練を受けた。1979年の革命後、司法システム及び戦力機構で各職を占めた。1984〜85年、情報・保安省の創設に参加し、並びに軍事情報局において、軍副総司令官代表でもあった。情報・保安相のポスト任命まで、イラン・イスラム共和国軍の法務組織を指揮していた。

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー