国家安全保障・国防省

Ministry of National Security and Defense

horizontal rule

 国防省は、軍事産業省と統合されて、国防・軍事産業省と呼ばれるだろう。省は、文民と軍事の両構成要素を有するだろう。文民構成要素は、機材の購入及び軍事資産全体を担当するだろう。軍事構成要素は、人力と連絡を担当するだろう。

 イラク国民は、イラク防衛の目的にその軍を導くだろう。

 暫定防衛軍のための当初の計画は、戦闘が始まったとき、チラシを受け取り、家に帰るように彼らに語る指示に従った者から成る約30,000人のイラク兵を現役復帰させることを要求した。彼らは、正規軍部隊から引き抜かれる。約18両の戦車と数門の火砲だけが、体制崩壊後に残された。 この暫定防衛軍は、主として、連合軍との合同警戒及び国境警戒に使用されるだろう。

 国家安全保障・国防省の物理的要素は、ウダイの宮殿に設置された。暫定国防相Amb. Solcombeは、2003年5月15日に着任した。

■4つの重要目標

bullet

ウダイの宮殿に物理的構成要素を設置すること。構造は酷く損傷しているが、発電機と配管は無傷のままである。

bullet

3万人のイラク兵を現役復帰させることにより、離陸状態から国防省を再建すること。

bullet

3ヶ月以上支払われていない兵士の給料を支払うこと。

bullet

6月中旬に予定されるTampaでのイラク軍事国際会議の計画立案の開始

■着手された行動

 3つの独立した将校団が、接触しており(将校の1人は、統制官だった。)、彼らは、戦争中に投下されたビラを手に入れ、降伏した3万人のイラク兵の名簿を有している。予想される最初のメディア・イベントは、暫定防衛軍に入隊する兵士に20ドルを支払うことである。彼らの主目的は、国境警戒と連合軍との合同警戒である。

 2004年4月4日、連合国行政官ポール・ブレマーは、Ali Allawiが暫定国防相となると発表した。

horizontal rule

上へ

最終更新日:2004/04/24

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー