アル-ファウ師団

第4自動車化歩兵師団

 いくつかの共和国親衛隊部隊のヒロイックな名称は、そのエリートの性格の背景となっている。 ファウは、バスラ州の最南東部に位置し、バスラから約90kmのShat Al Arabへの鍵と考えられている。石油施設は、戦前、同市をイラクの主要石油輸出港にしていた。その戦略的かつ地理的重要性のため、イランの標的となった。1986年2月、イラン部隊は、アル-ファウ港を占領した。サダム・フセインは、 いかなる犠牲を払ってでも橋頭堡を撃滅することを誓い、1988年4月、イラク人は、アル-ファウ半島の奪還に成功した。

 湾岸戦争中、イラク南部とクウェート北部に配備された第1小軍団群は、ハンムラビ及びメディナ師団の2個装甲部隊、タワカルナ師団の1個機械化歩兵部隊、及びアル-ファウ師団の1個自動車化歩兵部隊から成った。

 1991年2月27日(C+204、D+41、G+3)、第24歩兵師団G-2は、アル-ファウ歩兵師団を戦闘能力がないものと見積もっていた。

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー