アドナン師団

第7機械化歩兵師団

 砂漠の嵐作戦中、第7軍団の任務は、地帯の共和国親衛隊を撃破するために、イラクの防御を突破及び包囲するために攻撃することであった。第1装甲師団の縦深作戦は、イラクのアドナン師団 の部隊を追撃した。1991年2月27日、アメリカ第1装甲師団は、Al Busayyahの東約80kmにおいて、イラクのタワカルナ、アル-メディナ及びアドナン共和国親衛隊師団の残余と戦った。第3「Phantom」旅団は、1991年2月24日から28日までの砂漠の嵐作戦中のイラク共和国親衛隊司令部 に対する攻勢作戦中、第1装甲師団の前衛旅団であった。2月26日、旅団は、地帯の共和国親衛隊と接触し、撃破するために、東方を攻撃するように命令された。第3旅団は、第52、第17、アドナン及びタワカルナ師団 の部隊と昼夜間を通して複数の交戦を行いつつ、12時間半で74kmをカバーする積極的かつ連続的な接触移動を始めた。2月27日、第3旅団は、地帯の共和国親衛隊部隊と接触を確立し、撃破するために、追撃作戦に転移するように命令された。旅団は、共和国親衛隊の主要兵站基地を守備するアドナン師団を攻撃し、捕虜(EPW)465人を捕まえ、メディナ装甲師団と接触した。

 1997年初め現在、共和国親衛隊アドナン師団は、Mosulのその駐屯地からArbil方面のDeebaga、Makhmour、及びAl-Dibsに配備されたという。その司令センターは、Al-Dibs−Mosul−Arbil交差点にあった。1997年10月までに、イラク共和国親衛隊部隊は、Arbil南西30km、Makhmur地域で建設されていた。メディナ・アル-ムナワラ装甲師団とアドナン機械化歩兵師団は、戦車200両、4個重砲大隊及び兵員10,000人以上と共に地域に移動した。

 1999年初め現在、「アドナン部隊」司令部(Quwat Adnan Hares Jimhouri)は、Allahu Akbar部隊(北部軍団)の指揮の下、Mosulに駐屯していたという。

 敵対筋は、1999年1月、「砂漠の狐」作戦中のサダム体制に与えられた損害が、将兵の死亡者48人、負傷者151人、22両の戦車及び装甲車両の破壊又は損傷、突撃銃720挺、迫撃砲56門 及び弾薬箱2,740個を含む中小火器の破壊、地対空ミサイル発射機6基の破壊を含んだと主張した。

 1999年3月現在、重要職務を占めるティクリート出身将校の数が増加し、昇進のチャンスが最小化したため、他の指揮官及び上級将校に否定的に影響していると指摘された。共和国親衛隊において、アドナン師団とニダ装甲師団の師団長は、ティクリート人だった。

■部隊

bullet

第11機械化歩兵旅団

bullet

第12機械化歩兵旅団

bullet

第21装甲旅団

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー