イラクの特殊部隊

イラク空挺部隊記章

■ク-ウアト999

  軍事情報部の最も秘匿された部隊は、特殊部隊「ク-ウアト999」である。その隊員は、敵国領土への事後の送達及び破壊工作・テロ作戦の実施のために、個人訓練課程を受ける(特殊訓練の外、ネイティブ・レベルの外国語の研究を含む。)。この特殊部隊の多くの教官は、過去、ソ連軍参謀本部GRU職員の指導下で訓練を受けた。

 1996年まで、「ク-ウアト999」は、6個大隊(各大隊300人)から成ったが、その後、 更に1個が加わった。各大隊は、それ独自の方面における任務遂行に狙いを向けている。これらは、サウジアラビア及びペルシャ湾の首長国、トルコ、イラン、イスラエル及びパレスチナ を包括する。第6大隊は、国外のイラク敵対者の奪取及び除去を専門とし、第7大隊は、アメリカ領土を含めて、米国に対する作戦を担当する。「ク-ウアト999」の活動は、クサイ・フセインが統制するが、大統領自身が監督している。

 特務機関の外、サダム・フセインとその息子のクサイ及びウダイの管轄下には、正規軍に属しないいくつかの大軍事部隊が存在する。 その内、最も強力かつ能力のあるのは、以下のものである。

■共和国親衛隊(「アル-ハリス・アル-ジャムフリ」)

■特別共和国親衛隊(「アル-ハリス・アル-ジャムフリ・アル-クハス」)

■サダム決死隊(「フェダイン・サダム」)

 更に約4万人が、大統領のもう1人の息子ウダイにより1995年に創設された準軍事部隊、「サダム決死隊」支隊に統合される。彼らは、息子のクサイを通して大統領に直属し、警邏、密輸対策に従事し、秩序警備に関するその他の任務を遂行する。「決死隊」本部長は、大統領と同郷のメザヘム・サーブ・アル-ハサン・アト-チクリーチ中将である。

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー