特別共和国親衛隊第2旅団

 1998年6月現在、第2旅団は、将校102人と下士官・兵2,798人から成った。その本部は、Rasheed軍事病院 の近隣、左手の検問所の近く、Rasheed軍事基地に位置した。

 部隊は、即事戦闘待機を任務とする。

■第4大隊(保安)

 第4大隊本部は、Hayy Al-Yarmookの正面、Hayy Al-Qadisiyehの横、宮殿と空港間の高速道路に隣接するAl-Nisoor広場の憲兵本部の旧庁舎の近くに位置する。

 部隊は、サダム村に改称されているMis-hik村に続くMosul道上のBeijiに位置するサダムのMak-hool官邸の防護を任務とする。部隊は、Fao攻勢に参加し、大損害を受けたが、後に再建された戦闘旅団である。

 第4大隊は、5個小隊が構成する。

■第6大隊(戦闘歩兵)

 第6大隊本部は、宮殿を空港に繋ぐ高速道路上の閣僚の官邸の外れ、Hayy Al-Qadisiyehの1ヶ所に位置した。

 部隊は、森の中のNinevah Operoiホテル向かいのHayy Al-‘Arabiの正面、Mosulの大統領官邸の防護を任務とする。5個小隊から成る。

■第11大隊(戦闘歩兵)

 1998年6月現在、第11大隊が新たに設立された。その本部は、駐屯地内のBa’ath広場交差点近くのTaji軍事基地に位置する。

 部隊は、Taji方面からのバグダッドの防護を任務とし、RPG7、榴弾砲、BKC及び車両に搭載された対空砲を装備する。各兵士は、弾薬120発とカラシニコフを携帯する。将校の大部分は、TikritとBeiji出身であり、 下士官及び兵士の大部分は、Anbar、Mosul及びSalahul-Din州出身である。

■第14大隊(戦闘)

 第14大隊本部は、訓練アカデミーの真正面、Al-Rasheed軍事基地の外れに位置する。

 部隊は、Kut及びSalman Pak方面からのバグダッドの防護を任務とする。

■第15大隊(特殊戦闘部隊)

 第15大隊本部は、Abu-Ghraibj方面から空軍学校及び空港に続く道路上のAbu-Ghraibに位置する。

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー