部隊偵察部ヘリ・モディーン
 

 2001年2月6日、モシェ・シャフリ准将が、ツァハル部隊偵察部長に就任した。この部署は、軍事情報部アマンの機構に含まれる。彼は、ダヴィド・ツル准将とこのポストを交代した。部長交代に関する参謀総長令は、数日前に署名された。

■モシェ・シャフリ

 1955年生まれ。全軍歴をツァハルの部隊偵察の隊列、特に部隊偵察センター本部で過ごした。5年間、沿国境地帯で行動する外部監視局を指揮した。並行して、テルアビブのバル・イラン大学、並びにハイファ大学を卒業した。社会科学領域で2つの学位を有する。陸軍司令部高等学校(グルロット地区、「ツム」)及び国家安全保障大学(エルサレム、「ミフララ・レ-ビタホン・レウミ」)の卒業生でもある。当大学は、イスラエルで最も権威ある大学の1つで、その卒業生は、通常、特務機関及びツァハルの高級指揮要員の隊列を満たしている。妻帯、3児を有する。

■ダヴィド・ツル

 ハイファ軍事学校の卒業生。軍歴は31年間。空挺旅団で軍歴を始めた。事後、部隊偵察に異動した。作戦及び分析活動に従事した。特に、南部軍管区部隊偵察部長職を占め、並びにアマン分析課副課長だった。部隊偵察部長就任まで、外国軍との連絡に関する部署(「ヤクラズ」は、1999年末のアマンの外国軍連絡課との統合後、「カシャフ」の名を帯びている。)を指導した。1998年初め、国防省部隊偵察部長に任命された。2001年2月6日、退役した。

上へ

最終更新日:2003/07/09

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー