イスラエルの情報機関

bullet

機関長委員会ヴァーダト

bullet

秘密情報庁モサド

bullet

軍事情報部アマン

bullet

科学関係局レケム

bullet

外務省研究・政治計画センター

bullet

連絡局ナチフ

bullet

総合保安庁シン・ベト(シャバク)

bullet

国家警察

 諜報部と保安機関の主要指導機関は、ヴァーダトの名で知られる機関長委員会(ヴァーダト・ラシェト・ハシェルチム)である。この委員会は、そのメンバーの作戦と活動を調整する。通常モサドの名で知られる秘密情報庁モサド(モサド・レタフキジム・メユハジム)は、国外作戦に対して主要責任を負い、首相に従属する。防諜部である総合保安庁(シェルトビタホンクラリ)、略してシン・ベト(又はシャバク)は、保安を担当し、首相に直属する。軍事情報部(アガフ・モディーン・シェル・マテ・クラリ)は、軍事戦略諜報及び電波傍受に対して責任を負い、イスラエル国防軍参謀総長に従属する。イスラエル外務省は、イスラエルの全特務機関の作戦の研究活動及び政治的計画立案における援助を保障する。内務省は、政治的調査及び国境警備の組織において、国家警察に援助を提供する。

 イスラエル諜報部及び保安機関の主要対象(目的)は、以下のものである。

  1. アラブ諸国、その能力及びイスラエルに対する意図、そのソ連その他の国との関係、世界全国におけるアラブ諸国の公式代表部及び施設、アラブ諸国の指導者、これらの国の国内及びアラブ間政策、心理要素、軍事準備その他の様相

  2. 米国の政策又は存在すれば、イスラエルに対して米国指導部により採択される決定に関する秘密情報の収集

  3. 米国その他の先進国における軍事技術情報の収集

  4. イスラエル、ユダヤ人移民問題に対するソ連及び東欧諸国の政府の政策の方針の解明

  5. 全世界における反シオニズム活動に対する完全な監視

  6. イスラエル諜報部にとって利益となる他の地域、例えば、アフリカの政治及び経済情報の収集

 イスラエル特務機関は、アラブのプロパガンダへの対抗及び反シオニズム活動の無力化に関する努力にも着手している。イスラエル人はまた、特にアフリカにおいて、大規模な秘密政治、経済及び準軍事プログラムも実施している。国外諜報部と国内保安機関に賦与された権限は、特別法により規定されていないが、イスラエルの法令に反映している。特別法第29節は、「政府には、その実現が法律により他のいかなる機関にも委任されないいかなる行為も、法律に従い、国家の名において実施する権利が賦与される」と宣言している。このことは、いかなる機関も、何らかの法律によってこの分野で活動する権限が与えられていない以上、諜報及び国家安全保障問題の統制が政府に委任されたことを意味する。

 政府及び特務機関自体の若干の公務員側からは、何年も、対外政策諜報及び保安機関の地位を定義し、その作戦実施を規制する法律を有する試みが着手されたが、この試みは失敗に終わった。イスラエルの法律は、国家安全に対するスパイ行為又は当該犯罪の共助、情報漏洩に対して、死刑又は禁固3年から15年の刑を規定している。

 対外政策諜報と防諜機関には、財務省(税関等)、観光省、国営航空会社「エル・アル」、国営海上航行会社ツィムのような政府組織が援助を提供している。イスラエルにセンターを有する非公式のシオニスト組織と全世界のユダヤ人共同体も、必要時、イスラエル特務機関の作戦に援助を提供している。

 諜報部と保安機関は、政府において強い立場を有し、両者は、共通の作戦で互いに関係している。建国のために働いた世代の代表であるこれらベテランは、非合法移民及び武器の輸送の組織のような長期に渡る行為において協同して行動した。現指導者の多くは、アラブ人に対する一連の戦争において各級の軍人であり、何らかの主要政党との関係のおかげで、政治の舞台に出た。彼ら全員が、秘密活動において一定の経験を有し、良好な諜報部と保安機関を有する必要性を個人的に確信している。諜報部と保安機関は、外務省の最大限の支援を享受している。また、国防省とユダヤ人庁(1929年に全世界シオニスト機構により創設された機関)は、諜報員の作戦活動に積極的に協力している。

 80年代末、モサドの戦術は、乱れ始めた。世界最良の諜報部は、起こりつつある変革に追いつけなかった。国を取り巻く敵意の環は、四散した。当初エジプトが、後にヨルダンが、イスラエルとの和平締結に入った。国連でも、変革が起こった。その指導者達は、ますます頻繁に、テロリズムの否定について語った。

 外部の脅威が消え、以前特務機関に全てを許した国は、彼らに不快な問題を突きつけ始めた。防諜部シン-ベトの捜査官が1984年に逮捕した2人のテロリストを死ぬまで殴打したとき、その組織は、イスラエルの新聞において「ユダヤのゲシュタポ」と烙印を押された。

 しかし、モサドがPLOの当てつけに、アラファトに敵対するイスラム・グループ「ハマス」と「ヒズボラ」を育て上げたことが分かったとき、より大きな騒動が起こった。「ハマス」と「ヒズボラ」は、イスラエル人の監督下から脱した。そして、モサドが彼らと戦うことは、以前のテロリストよりも難しかった。イスラム狂信者は、直ちに天国に行けるために、異教徒との闘いでの死を恐れなかった。彼らは、単に爆弾を体に巻きつけ、イスラエルの都市の街路で自爆し、数百人もの人々を死傷させた。あるいは、トラックに爆弾を積み、1983年のレバノンのように、異教徒の家に突入した。そこのアメリカの兵舎の爆破の際、241人の米海兵隊員が死亡した。ちなみに、トラックの車体には、今ロシアで悪名高いヘキソーゲンが存在した。

 イスラエル特務機関全体(つまり、モサドも)の評判に対する次なる打撃は、テルアビブにおいて、血塗られたユダヤ・アラブ間の争いを解こうとしたイツハク・ラビン首相が暗殺された1995年11月に加えられた。その暗殺者、イスラエル人イガル・アミルが、イスラエル防諜部シン・ベトの情報提供者だったことが分かった。新聞紙は、平和を創設した首相が自国の特務機関の陰謀の犠牲となったと推測した。エージェント網が粉砕され始めた。イラクとイランでは、数十人のイスラエルのスパイが摘発されて処刑され、モサドのために働いていたパレスチナ人 が、ますます頻繁に、喉をかき切られて溝に捨てられ始めた。そして今日、イスラエル紙が書いているように、かつて誉高かった特務機関の業務を評価できる唯一の言葉は、「汚職、不案内かつ危機」である。

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー