総合情報庁

アル-ムハバラート・アル-アメ

horizontal rule

 総合情報庁(アル-ムハバラート・アル-アメ)は、パレスチナ暫定自治政府最大の特務機関の1つである(イスラエルの「モサド」の類似物)。チュニスにおいて、アミン・アル-ヒンジ 将軍により創設され、彼は、ガザ地区の組織を指揮している。過去、彼は、有名なテロ組織「黒い9月」(「アヤルル・アル-アスワド」)の構成員であり、1972年9月のミュンヘンでのイスラエル人スポーツ選手11人の殺害に関与した(この後、イスラエル特務機関の報復を恐れて、地下深く潜伏した。)。 西岸地区の指揮官は、タウフィク・チラウイである。80年代末から90年代初め、アル-ヒンジは、PLOにおいて、CIAとの関係樹立を担当し、CIAが職員の教育を実施した。

 「アル・ムハバラート・アル-アメ」の構成下には、約3千人の正規将校が数えられる。 主任務は、イスラエルの総合保安庁(シャバク)への対抗である。特務機関は、パレスチナ暫定自治政府でも、その国外でも作戦を行っている。庁は、近東諸国、並びに米国、ラテン・アメリカ及び西欧のパレスチナ難民に基づく諜報エージェント網を有している。「 アル・ムハバラート・アル-アメ」は、国外のパレスチナ組織とパレスチナ特務機関の協力を監督する。 イスラエル軍人及び特務機関職員に対する破壊工作の組織に関与している。「アル-アクサ殉教者旅団」(ファタハ)との関係に関する情報が存在する。

horizontal rule

上へ

最終更新日:2005/01/17

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー