マフムド・アッバス

horizontal rule

 マフムド・アッバスは、68歳。彼は、ファタハ運動の設立者の1人、パレスチナ解放機構の政治機構の長である。1950年代、特にマフムド・アッバスは、カタール亡命当時、今著名な政治ポストを占めている一連のパレスチナ人を組織に徴募して、事実上、PLOの人事課長の役割を演じた。

 アラファトと共に、マフムド・アッバスは、カタール、ヨルダン、レバノン及びチュニス 等、パレスチナ人のリーダーが流刑時代を過ごした諸国を歴訪した。

 近東から、アッバスは、モスクワに派遣され、1960年代末、東洋学大学で学位を授与。専攻は、シオニズム史。

 アッバスは、最近になって初めて、近東政策の第一面に出た。その首相任命まで、彼は、陰に留まることを好んだ。しかしながら、彼が昼夜を問わずいつでも電話を掛けられる人々の中には、かなり早期に、国家指導者から諜報機関の指導者まで 、アラブ世界の最も影響力ある人物がいた。

 これらの関係は、アッバスがPLOにとって最も成功した資金集めの専門家の1人になることを助けた。1980年、彼の貢献が公式に認められ、彼は、機構の国際関係を担当する課長となった。

 特に彼は、オスロで達成された合意の構築者の1人と考えられている。1993年、マフムド・アッバスは、アラファトと一緒に、オスロで達成されたコンセンサスを確定する文書の署名のために、ワシントンを訪れた。

  インティファーダの最中、マフムド・アッバスは、再三、イスラエル人に対する武装攻撃を停止するように呼び掛けた。彼は、そのような各行為がパレスチナ行政府の権限に対して次なる打撃を 加える根拠をイスラエル政府に与えるとして、自説を説明した。

 マフムド・アッバスは、最も多くのことを約束するパレスチナの政治家の1人と考えられている。

 2005年1月9日、マフムド・アッバスは、2004年末に死去したヤセル・アラファトの代わりにPLO議長に選出された。アリエル・シャロンは、アッバスの勝利を祝福した。

horizontal rule

上へ

最終更新日:2005/01/20

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー