マルワン・バルグーティ

horizontal rule

 マルワン・バルグーティは、今のパレスチナ蜂起の象徴かつ構築者の1人である。彼は、ファタハ・ヨルダン西岸支部を率いている。

 バルグーティは、イスラエル人に対する暴力的行為の信奉を隠していない。しかしながら、この際、特に彼が「アル-アクサ殉教者旅団」の兵士を指導しているというイスラエルの主張を否定している。4月1日、過激派は、 バルグーティを自分達のリーダーと表明した。

 「アル-アクサ殉教者旅団」は、イスラエル人に対する一連の最も血生臭い攻撃に対して犯行声明を出した。

 44歳で、バルグーティは、広く知られることとなった。1987年、最初のパレスチナ蜂起以前、彼は、イスラエル当局により追放され、インティファーダ時 のパレスチナ人の行動を調整しつつ、ヨルダンの首都、後にチュニスから行動した。

 しかしながら、1994年、彼は、帰国し、オスロで達成された平和協定の条件を認めると表明した。まだ拘束中だった彼は、ヘブライ語を完全に習得し、左翼的見解のイスラエル人中に友人が少なくない。彼らと同様、バルグーティは、イスラエルが パレスチナ領土の自国民を除去し、未来のパレスチナ国家の面積が大きくなることを希望している。

 キャンプ・デービッドのサミット破綻後、2000年、バルグーティは、もはや交渉の有効性を信じていないと宣言した。

horizontal rule

上へ

最終更新日:2005/01/21

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー