ムハマッド・ダハラン

horizontal rule

ムハマッド・ダハラン 元予防保安庁ガザ地区長官ムハマッド・ダハランは、43歳。彼は、最も若いパレスチナの政治家の1人であり、アメリカ人も、イスラエル人の信頼も勝ち取ることができる。

 イスラエルのマスコミの情報によれば、彼は、アラファトを考慮しなければ、米大統領ビル・クリントンと会った唯一のパレスチナ人である。

 1961年生まれ、ハン-ユネス(ガザ地区南部の居住区)出身。青年時代、ファタハの青年組織、「シャビバ」の構成員だった。大学在学時代、ガザの学生団体におけるファタハ代表だった。1983〜1984年、テロ組織への所属の嫌疑で、イスラエルの刑務所に服役した。全体として、M.ダハランは、イスラエル特務機関により11回逮捕された。 特に、牢内で、彼は、ヘブライ語会話を勉強した。

 1984年の釈放後、「シャビバ」組織を率いた。1987年1月、当局によりヨルダンに追放された。一方、ヨルダン当局は、ダハランをエジプトに追放し、そこで再び現地特務機関により逮捕され、 イラクに追放された。1988〜1993年の間、イスラエルに対するテロ活動を組織及び調整していたファタハの「西部支部」附属「ガザ地区委員会」委員だった。このポストにおいて、M.ダハランは、多数のテロ行為の準備を指導した。同期間、PLOの指導者、ヤセル・アラファトに接近した。

ムハマッド・ダハラン 1993〜1994年のイスラエル・パレスチナ間の交渉において、M.ダハランは、保安問題を担当するパレスチナ側の代表者だった。この外、彼は、ガザ地区の保安領域における顧問でもあった。1993年12月、イスラエル当局は、M.ダハランが「地区」に戻るのを許した。1994年初め、彼は、ガザに戻り、短期間、パレスチナ暫定自治政府で最も影響力ある代表の1人となった。同年、イスラエル人の協力の下、M.ダハランは、ガザ地区で最も強力な特務機関、「アル-アムン・アル-ヴィカイー」(予防保安庁)長官に任命された。エルサレムでは、当時、アラファトの古くからの、より過激な盟友への平衡力としてダハランを利用できると思われていた。 しかしながら、第2次インティファーダ開始後、彼は、1980年代に勝ち取った立場を急速に失い始めた。

 90年代中盤、M.ダハランは、ガザ地区の検問所に対する監督を確立した。「アル-アムン・アル-ヴィカイー」職員は、今回の騒擾開始(9月28日)まで、輸出入商品から自分のボスのための貢物を徴収していた。この外、M.ダハランは、ガザ地区における貿易ビジネスに対する監督を確立した。

 彼の配下のガザ地区予防保安庁は、アメリカ人とイスラエル人の圧力の下、イスラム過激派に対して向けられた一連の作戦を行った。多くのパレスチナ人は、これに不満だった。自治区住民は、彼のアメリカとイスラエルの政治層における関係に疑いを持って接している。ある者は、対敵協力でダハランを非難してすらいる。彼自身は、自治区の改革を訴える者を支持している。

 M.ダハランは、イスラエル特務機関の指導者、先ず第1に、シャバク長官カルミ・ギロン(1994〜1995)、アミ・アヤロン(1995〜2000)及び同特務機関の現長官アビ・ジフテルと再三会った。後者とM.ダハランは、ディフテルがシャバクの南部管区を指導していたときに知り合った。M.ダハランは、元駐イスラエル・パレスチナ暫定自治政府CIA支局長スタンリー・モスコヴィッチ(1993〜1999)と密接な関係を維持し、並びに彼の後任ジェフ・オロンナーとも関係した。

 2000年10月、M.ダハランは、イスラエル人との全ての接触を中断した。この際、彼は、極めて攻撃的な立場を取り、イスラエルを再三威嚇した。M.ダハランの指示により、ガザの刑務所から、ハマス及び「イスラム・ジハード」のテロリスト数十人が釈放された。10月から、M.ダハランは、ツァハル兵士及びユダヤ人入植者に対するテロ活動に協力した。この際、CIAの情報によれば、M.ダハランは、ファタハの戦闘部門、「タジム」と協力している。11月20日、イスラエル特務機関は、ガザ地区(キスフィム交差点)でのテロ行為への間接的関与で、M.ダハランを非難した。この理由により、同日夜、ガザの「アル-アムン・アル-ヴィカイー」本部は、イスラエル空軍の攻撃を受けた。11月初め、M.ダハランは、イスラエル領内への入国を禁じられた。

 2002年6月5日、彼は、予防保安庁ガザ地区長官のポストから退任した。当時、彼は、自治区内務省を指揮したいと語っていた。

horizontal rule

上へ

最終更新日:2005/01/21

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー