ジブリル・ラジュブ

”アブ-ラミ”

horizontal rule

ジブリル・ラジュブ 最近、ジブリル・ラジュブの名前が常に噂に上る。彼は、新聞の一面の変わることのない主人公であり、イスラエルの政策、並びに特務機関が彼を注意深く追跡している。特に特務機関である。シャルム・アシュ-シェイフにおいて、パレスチナの「委員」は、交渉の主要参加者の1人だった。特に彼とは、シャバクとCIAの高官が、公式合意への秘密提案を行った。多くの場合、彼のおかげで、これらの協定が虚構となった。その後、顎鬚のジブリルは、「領内」での反イスラエル感情の扇動に貢献した。10月29日、彼は、パレスチナ人殺害が疑われる2人のイタマルからの入植者のけりをつけることを公約した。翌日、ラジュブのイスラエルの同僚は、彼の発言を「公然たるテロ教唆」として分類した。同時に、ヘブライ語サイトの1つには、パレスチナのシャバクのボスの除去に対して、アメリカの某ユダヤ人が10,000ドルの賞金を約束したという説明の下、ジブリルの写真が現れた。

 数日前、消息筋から、10月末〜11月初め、ラジュブのおかげで、シャバクがイスラエル領内でのいくつかの大テロ行為を防止できたという情報が入ってきた。同筋は、ラジュブが 古くから密接な関係を維持しているシャバク指導部代表にその準備に関する情報を非公然に伝達したと伝えた。この後、カイロにおいて、シャバク長官アビ・ジフテルとラジュブの会見が行われた。そこでは、11月1〜2日にペレスとアラファトにより達成された口頭協定と関連した安全保障問題が審議された。彼とは、謎めいて、不可解で、味方であり、敵であり、扇動者であると同時にテロ対策者でもある。何れにせよ、今日、事実上、あらゆる専門家は、あらゆる点から見て、アラファト死後の未来のパレスチナ形成における決定的な役割の1つがラジュブに帰していると主張している。特にこの理由により、パレスチナの政治ゲームの強力な人物であることを理解することは極めて重要である。

■ジブリル・ラジュブ(マフムド・ムハマッド。ファタハ機構ではアブ-ラミとしても知られている。)

 1953年、ドゥラ村(ヘブロン地区)に生まれた。中学校在学時、ファタハの青年組織「シャビバ」に加入した。「領土」での組織の活動に積極的に参加し、これと関連して、イスラエル特務機関により逮捕された。1970年12月、D.ラジュブは、終身刑に処せられた。彼に対して提示された被疑事実は、ファタハ戦闘員の徴募と、1970年11月のツァハル兵士に対するテロ行為への参加の2項目を含んだ。

 服役時、拘束中のファタハ構成員中で積極的な業務を行った。1985年5月、イスラエルとパレスチナのアフメド・ジブリルのテロ組織間の捕虜交換条約の枠内において釈放された。この後、PLO機構において、活発な政治活動を展開した。上記期間、ファイサル・アル-フセインの庇護下で働いた。

 インティファーダ開始と共に、ヨルダン西岸での反イスラエル運動の組織において、重要な役割を演じた。この理由により、1988年1月、イスラエル当局によりレバノンに追放された。そこから、D.ラジュブは、チュニスに移住し、ヤセル・アラファトの私的顧問職を得、並びに「占領地」問題補佐官となった。この時、D.ラジュブは、事実上、アラファトとマルアン・バルグチ間の仲介者だった。後者は、当時、「インティファーダ委員会」ヨルダン支部とラマラ及びエルサレムのファタハ活動分子間の連絡員だった。

 この外、チュニス滞在時、D.ラジュブは、PLOの機構において、「インティファーダ委員会」書記、「占領地」相官房長、「西岸委員会」指導委員の職を占めた。インティファーダ時、ヨルダン西岸でファタハの活動を監督した。イスラエル当局と協力するパレスチナ人の一連の除去を担当していた。1992年6月、イスラエル市民ラファズリ・アフラームの徴募に個人的に従事した。後者は、D.ラジュブの指示により、イスラエルの一連の高位政治活動家(イツハク・ラビンを含む。)を殺害するはずだった。PLO指導部の「領土」復帰直前(1993〜1994年)、D.ラジュブは、同組織の最高安全保障問題委員会の業務に参加した。

 パレスチナ自治政府設立後、D.ラジュブは、ヤセル・アラファト体制の立役者の1人となった。「領土」復帰により、彼は、ヨルダン西岸において、「アル-アムン・アル-ヴィカイー」の名を受けたパレスチナ暫定自治政府最強の特務機関を指揮した。これは、「オスロ-2」協定の枠内においてイスラエルにより承認されたパレスチナ最初の特務機関だった。公式に、「アル-アムン・アル-ヴィカイー」は、防諜機関と考えられているが、実際には、かなり広範囲な複合的権限を有している。その主要義務には、敵対的な過激派及び政治組織に対する監督が含まれている。その外、D.ラジュブの特務機関は、イスラエル領内での諜報情報の収集に従事している。その多くの職員は、勤務採用まで、ファタハの活動分子だった。「アル-アムン・アル-ヴィカイー」は、パレスチナ警察の予算をはるかに超える年間予算を得ている。パレスチナ暫定自治政府及び東エルサレムにおいて、D.ラジュブは、数年間に渡って、諜報エージェント網を創設した。東エルサレムにおける「アル-アムン・アル-ヴィカイー」の活動開始は、1993年 に遡る。これは、イスラエルのシャバク(当時、長官はヤコフ・ペリだった。)と首相イツハク・ラビンの同意により行われた。その代わり、D.ラジュブは、シャバクにテロ組織に関する諜報情報を提供した。イスラエル警察は、当初、「アル-アムン・アル-ヴィカイー」がエルサレムに入ることに反対した。この理由により、警察とシャバク間には、定期的に摩擦が生じた。エフド・バラクの権力掌握と共に、東エルサレムでの「アル-アムン・アル-ヴィカイー」の活動は、顕著に強化された。今日、これは、エルサレムにおいて、パレスチナ暫定自治政府の他の特務機関と比較して、最も活発に活動している。市内において、D.ラジュブは、数百人から成るエージェント網を有している。

 同時に、D.ラジュブは、例えば、以下のような一連の否定的減少に関係を有していた。

  1. 過去6年間、D.ラジュブは、イスラエル及びエジプト(ラフィアフ経由)からパレスチナ暫定自治政府への武器密輸の主要組織者の1人だった。

  2. 人権組織(パレスチナの「LAW」、「パレスチナ法保護グループ」、イスラエルの「ベツェレム」等)は、取調時の残虐な拷問の利用で、D.ラジュブの官庁を再三非難した。

  3. 1996年9月、D.ラジュブは、「ハスモネーエフのトンネル」の発見により引き起こされた騒擾の主要組織者の1人だった。

  4. D.ラジュブの部下は、政治又は営利目的で、イスラエル市民であるアラブ人の誘拐に参加した(例えば、1996年夏のエルサレムの企業家アル-サラム・ヒルバウチの誘拐)。

  5. ある情報によれば、D.ラジュブは、ヨルダン西岸でのガソリンスタンド・ビジネスを完全に支配している。同情報によれば、 彼は、同地域のガソリンスタンドから貢税を不法に徴収している。

 90年代中盤から、シャバク及びツァハルの指導部と業務関係を維持した。イスラエル政府の代表及び首相自身と再三会見した。

 ある情報によれば、D.ラジュブも、イスラエルの企業家ヨセフ・ギノサルと密接な業務関係を維持している。後者は、レバノン戦争時、シャバクの北部管区長だった。ギノサルは、I.ラビンとE.バラクの下でのイスラエル・パレスチナ間の交渉に積極的に参加した。彼はまた、ヤセル・アラファトとの親しい関係でも知られている。

 この外、D.ラジュブは、米特務機関の高位代表と関係を樹立した。その中では、1993〜1999年の間同職に就いていた駐イスラエル・パレスチナ暫定自治政府CIA支局長スタンリー・モスコヴィッチと、彼の後任ジェフ・オロンナー(1999年10月から)が特に目立っている。アメリカ特務機関との協力の枠内において、「アル-アムン・アル-ヴィカイー」は、米国から技術的援助を得た。D.ラジュブの将校の一部は、CIA及びFBIの教官の指導の下、特殊課程(パレスチナ暫定自治政府及び米国)で教育された。

 1994年から、D.ラジュブは、自分の競争相手を弱体化させようとして、しばしば、アラファトと矛盾して行動した。特にこのことは、90年代中盤 からエルサレムに現れ、D.ラジュブは、市内の安全に対して直接責任を負うイスマイル・ジャバル将軍(「アル-アクサ」旅団長)の自主性を顕著に制限した。最近まで、D.ラジュブは、ファタハの現議長(1994年から)及び80年代末から知り合いである同組織の軍事機構の指導者マルアン・バルグチとの友好関係を維持した。1994年から、彼らの間で、パレスチナ暫定自治政府の各部族及び集団の競争環境の下で自分の立場を保持するのを互いに助ける密接な協力が確立された。アラファトがファタハ最高委員会議長のポストをバルグチから腹心のハシン・アシュ-シェイフと代えようと試みたとき、D.ラジュブは、バルグチ側に立った。しかしながら2000年10月、D.ラジュブは、バルグチをヨルダン西岸での影響力を巡る闘争における潜在的なライバルと受け取り始めた。この理由により、D.ラジュブは、ハシン・アシュ-シェイフと接近し、彼に夥しい物的支援を提供し始めた。この際、マルアン・バルグチとD.ラジュブの関係は悪化した。80年代末から、D.ラジュブは、ヤセル・アラファトの特別の信任を得、彼に最も近いファタハ活動分子の1人と考えられた。1996年末、ヤセル・アラファトは、パレスチナ自治区会議(19議席)にラジュブを推薦した。しかしながら、1998年、D.ラジュブのライバルは、「アル-アムン・アル-ヴィカイー」の権力絶大なボスが、彼の権力最大の脅威であることをアラファトに信じさせようと試みた。この理由により、D.ラジュブとヤセル・アラファトの関係は、一時的に悪化した。

 現在、D.ラジュブ(ニックネーム「アキダ」で)は、「アル-アムン・アル-ヴィカイー」のエリコ地区及びヨルダン西岸地区長の職責を占めている。彼は、一日中、護衛されている。彼のボディーガードの多くは、事実上、特別委任事項を遂行している。つまり、例えば、彼らは、東エルサレムにおける「アル-アムン・アル-ヴィカイー」の特殊作戦に再三参加した。その1人、アンバル・アバドは、首都住民のアラブ人誘拐で、イスラエル警察により3回逮捕された。D.ラジュブは、エルサレムに常住している。この外、彼は、ラマラとベイト-ハニン村(エルサレム地区)に住宅を所有している。D.ラジュブの2人の弟は、ハマスの古参活動分子である。1992年12月、ラビンの指示により、彼らは、同組織の他の活動分子413人と一緒に、レバノンに追放された。

horizontal rule

上へ

最終更新日:2004/04/29

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー