アブド・アル-アジズ・ランティシ

horizontal rule

アブド・アル-アジズ・ランチシ イスラエル・パレスチナ間交渉の再開と共に、パレスチナ暫定行政府の過激派は、ヤセル・アラファトと彼の周囲を過激に非難した。イスラエルとの対話再開の最も激しい敵は、ハマスである。つまり、同組織の精神的指導者アフメド・ヤシン師は、ワシントンでの交渉は選挙キャンペーンにおけるバラクの利益しか保障しないと表明した。この際、彼は、「イスラエルは、パレスチナ人の流された血に対して、高い代償を支払うだろう」と指摘した。

 「我々の視点から、各イスラエル人は、宿敵である。これは、例外なく全イスラエル人に関係し、彼らを殺すことは許される」と、ヤシン師は語った。

 それと共に、パレスチナ代表団の若干の団員は、交渉において、最近、ハマス側からの攻撃が懸念されると表明した。しかしながら、このことは、アラファトが秘密交渉の実施と同時に、アブ-アフマドの仇名でも知られるガザ地区のハマス指導者アブド・アル-アジズ・ランティシを拘禁下から解放する指示を下すことを妨げなかった。先週、彼は、ハンストを宣言し、その後、ハマス指導部は、「ランティシ医師を直ちに解放すること」をパレスチナ行政府に要求した。

 ランティシは、その極めて過激な見解で知られている。彼は、スペインから中国の新疆までの統一イスラム国家建国に賛成している。アブド・アル-アジズは、チェチェン分離主義者の支持も再三表明した。1997年10月、彼は、アメリカ行政府を「世界最大のテロリスト」とも呼んだ。この外、尊敬すべき医師は、アラファト行政府を余り好んでいない(その上、互いに)。その全政治的立身に渡って、アブド・アル-アジズ・ ランティシは、イスラエル、並びにパレスチナ特務機関により再三拘束され、1年も投獄されることはなかった。1994年からだけで、パレスチナ暫定自治政府特務機関は、彼を6回逮捕した。

アブド・アル-アジズ・ランチシ アブド・アル-アジズ・ ランティシは、ヤブン村(アシュドド北東)出身で、1947年生まれである。1948年の戦争終結後、彼の両親は、ガザ地区に逃れ、ハン-ユネシの難民キャンプに移住した。1953〜1965年、UNRWAの中学校で学んだ。その卒業後、エジプトに去り、アレクサンドリア大学医学部に入学した。

 エジプトでの在学時、ランティシは、イスラム組織「アル-イフバン・アル-ムスリムン」(「ムスリム同胞団」)及び過激派「ヒズブ・アル-タフリル・アル-イスラミ」と関係を維持した。1972年、 ランティシは、大学を優等で卒業し、ハン-ユネシに戻った。1973年、アブド・アル-アジズは、ガザ地区の「イスラム・センター」、「アル-ムジマ・アル-イスラミ」(アフメド・ヤシン師により設立)に加入した。彼は、「ムジマ」の医務委員会の委員となった(ガザ地区における大学附属病院の創設に従事し、そこでの医療援助は、象徴的な支払で提供された。)。同時に、彼は、ハン-ユネシの難民キャンプ領域に位置した「ナセル」病院で働いた。1974年、ランティシは、再びエジプトに去り、アレクサンドリア大学 の小児科専攻で勉学を続けた。当時、「アル-ムジマ」指導部の任務により、「ムスリム同胞団」の援助で、彼は、サウジアラビア及びペルシャ湾諸国からのパレスチナのイスラム教徒のための財政資金の誘致に従事し、1976年、ランティシは、ガザに戻った。1978年、彼は、ガザ・イスラム大学 で講師活動に従事し始めた(そこで、逮捕と逮捕の間、今日も働いている。)。1987年12月、ランティシは、ハマス組織の創設に関する決定が採択された会議に参加した7人のイスラム活動分子の1人だった。後に、彼は、自分のイスラム大学講師の立場を利用して、新しい組織構成員の募集にも参加した。1988年3月、ランティシは、教唆とハマスへの所属の嫌疑で、イスラエル特務機関により逮捕された。同年、彼は、禁固30ヶ月を言い渡された。1990年9月、ランティシは、釈放され、その後、ガザ地区のハマスのインフラ再建に参加した。同年12月、彼は、イスラエル人により再び拘束され、禁固1年を受けた。1992年12月、ハマス及び「イスラム・ジハード」の他の活動分子と共に、アブド・アル-アジズ・ ランティシは、イスラエル当局によりレバノンに追放された。そこで、彼は、マルジュ・アル-ズフル・キャンプの追放者の議長となった。当時、ランティシは、「ヒズボラ」組織代表と接触した。1993年、彼は、ガザ地区に戻り、間もなく、再び行政的拘置に処せられた。

 1997年春、ハマスの国外指導部の支持を得て、パレスチナ行政府とのいかなる対話も断固として反対した。同時に、ランティシは、アラファト行政府と正常関係を獲得した組織の活動分子に対して圧力を加えた。1997年7月、ランティシは、パレスチナ特務機関により逮捕された。

 1998年4月、自由になったランティシは、ハマスの軍事部門の指導者の1人、ムヒ・アド-ディン・シャリフの除去で、アラファト行政府を非難した。この後、彼は、パレスチナ軍事情報部(「 アル-イスチフバラート・アル-アスカリヤ」)職員により逮捕された。同年2月、釈放数日後、ランティシは、反露デモを組織した。デモは、ガザの赤十字代表部の前で行われ、数百人のハマスの活動分子が参加した。彼は、「チェチェンのムスリム人民に対するロシアの侵略」を厳しく非難する書簡を駐パレスチナ暫定自治政府国連監視団に手渡した同組織の代表団も率いた。

 7月、ワシントンでのイスラエル・パレスチナ間の交渉の次のラウンドと同時に、ランティシは、イスラエルに対するジハードを再開するようにアラファトに訴えた。「形成された状態からの唯一の出口とは、全和平プロセスを失敗かつ無意味なものと宣言し、ジハードの道に戻ることである」と、当時、アブド・アル-アジズ・ランティシは語った。

 キャンプデービッドでの交渉が不首尾に終わった後、アブド・アル-アジズは、パレスチナ行政府を厳しく非難した。アラブの衛星テレビ(「アル-ジャジーラ」)の放送において、ランティシは、ヤセル・アラファトと彼の側近宛の一連の非難も提起した。この後、パレスチナ暫定自治政府総合保安庁(「アル-アムン・アル-ヴィカイー」)職員は、ハマスの出すぎた指導者を逮捕した。翌朝、ランティシの逮捕後、同組織の精神的指導者アフメド・ヤシン師は、パレスチナ暫定自治政府に彼の即時釈放を要求した。

 「インティファーダ・アル-アクサ」開始と共に、パレスチナ暫定自治政府は、2000年10月、ガザ中央刑務所からランティシを釈放した。しかしながら、この後間もなく、パレスチナ特務機関は、彼を再び拘束した。イスラエル筋の情報によれば、これは、ロンドンとワシントンの要求により行われた。そして数日前、ヤセル・アラファトは、6児の父である「拘禁医師」の解放に関する命令に自らの手で署名した。今、彼が再び閉じ込められる時が待たれている。

horizontal rule

 2004年4月17日土曜日、「ハマス」指導者アブデル・アジズ・ アル‐ランティシは、ガザ市において、イスラエルのヘリの攻撃の結果死亡した。ヘリは、アル‐ランティシの車に2発のミサイルを発射した。現場では、2人の同乗者が死亡し、その内1人は、彼の息子であった。アル‐ランティシは、3月22日に運動の精神的指導者アフメド・ヤシン師が殺害された後、「ハマス」の長のポストに任命された。

horizontal rule

上へ

最終更新日:2005/01/19

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー