予防保安庁

アル-アムン・アル-ヴィカイー

horizontal rule

 予防保安庁(アル-アムン・アル-ヴィカイー)は、パレスチナ暫定自治政府最強の特務機関である。常勤職員5,000人以上と数千人のエージェントを有する。これは、「オスロ-2」協定の枠内においてイスラエルにより承認されたパレスチナ最初の特務機関だった。公式には、「アル-アムン・アル-ヴィカイー」は、防諜機関と考えられているが、実際には、はるかに広範囲な権限を有している。「アル-アムン・アル-ヴィカイー」は、パレスチナ警察の予算をはるかに超える年間予算を得ている。

 ガザ地区の長官は、ラシド・アブ・シュバク、西岸は、ジヴァド・ハブ・アル-リフ(以前、これらの職務は、モハメッド・ダハランジブリル・ラジュブが占めていた。)。主任務は、国内の安全の保障であり、敵対する過激派及び政治組織に対する監督が含まれている。その外、予防保安庁は、イスラエル領土において、諜報情報の収集に従事している。その多くの職員は、勤務採用まで、ファタハの活動分子であり、テロルに関与していた。特に、同庁の元将校は、テロ組織「国家抵抗委員会」を創設した。

horizontal rule

上へ

最終更新日:2005/01/17

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー