ナイフ・イブン・アブド・アル-アジズ

horizontal rule

ナイフ・イブン・アブド・アル-アジズ  近代サウジ王国の建国者アブド・アル-アジズの20男、アブダッラ皇太子の弟。1934年生まれ。サウジアラビアの首都、エル-リャド知事として経歴を始めた(1953〜1954年 )。1954〜64年の間、財務相 を務めた。1970年、内務省を指揮した(今に至るまで指導している。)。同年、エル-リャドの国内外政策を決定するいわゆる「スダイリの7人」のメンバーに入った。90年代初めから、ムスリム諸国、特に ペルシャ湾岸の王国、パキスタン、イラン及びパレスチナ との関係発展に大きな注意を払っている。パレスチナのイスラム運動を支援している「インティファーダ人道援助委員会アル-アクサ」を指揮している。2002年3月、 アラブ諸国同盟第14回サミット前日、彼は脳卒中となった。彼は、ベイルートのアメリカ大学病院に入院した。今、ナイフ・イブン・アブド・アル-アジズは、活発な業務に完全復帰している。

horizontal rule

上へ ナイフ・イブン・アブド・アル-アジズ 王立サウジ空軍 サウジの特殊部隊 サウジアラビア王国総合情報庁 世界イスラム・カリフ制国創設闘争におけるサウジ特務機関 テロリスト、サウジ特務機関の将校を殺害

最終更新日:2004/04/04

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー