王立サウジ空軍

 王立サウジ空軍(Royal Saudi Air Force − RSAF)は、アブド・アル-アジズ治世の1950年に設立された。その初期の航空作戦は、陸軍の統制下にあった。その初期、空軍は、主として、航空機と顧問を提供し、王国及び英国において、サウジ・パイロットと整備要員の訓練を助けた英国の影響を受けた。1952年から1962年まで 合衆国にリースされたダハラン空軍基地から生じる合衆国の影響力も、サウジ空軍の初期の発展の要であった。いくつかのアメリカ機は、ダハランで運用される部隊からRSAFに移管され、ダハランの合衆国軍事訓練使節団は、サウジ・パイロットと整備要員を訓練した。

 1972年、114機のノースロップF-5の1番機が、RSAFに納入され、1992年現在、空軍は、後期型F-5の3個飛行隊を戦闘攻撃の役割において、1個飛行隊を偵察用に、及び多数機を上級ジェット訓練機として今なお使用していた。1984年、より先進的なF-15の最初の納入が行われた。1992年までに、RSAFは、訓練型を含めて、78機のF-15を有した。

 合衆国の拒絶の結果、サウジアラビアは、その要求に合わせるため英国に回帰した。1988年中盤、it was announced that as 巨大な取引の一部として、サウジアラビアが would acquire Tornado戦闘機 from Britain in their strike and air defense configurations, plus Hawkジェット訓練機と英国で装備されたスイス製Pilatus PC-9訓練機. プロジェクトAl Yamamahは、王立サウジ空軍が自己満足するのを支援する英国最大の輸出契約である。1992年初め現在、RSAFの戦闘地上攻撃飛行隊の内、3つは、Tornadoを装備し、3個飛行隊は、F-5Eを装備した。2個防空飛行隊は、Tornadoを装備し、3個飛行隊は、F-15Cを装備した。3個輸送飛行隊は、各型のC-130とスペイン製の中型輸送機CASA C-212を装備した。2個ヘリ飛行隊は、各種小型回転翼機を導入した。Undaunted by its previous failure to establish an assured supply of アメリカ製軍用機, サウジアラビアは、1991年、マクダネル・ダグラスに追加72機のF-15を発注したと発表した。売却が合衆国行政府と下院 により承認されるかどうかは、疑わしいように思われる。

 地上設置レーダーが特に近隣のイラン空軍基地からのペルシャ湾沿いの重要目標に対する攻撃の適切な早期警戒を提供できなかったため、サウジアラビアは、1981年に5機のE-3A AWACS機を発注した。イスラエルの懸念を緩和するために、機体は、ペルシャ湾及び紅海地域のみの防衛需要のために特別に装備された。最初の機体は、ペルシャ湾でのタンカー戦争において合衆国海軍の作戦を支援するために、1987年に作戦状態に到達した。訓練及び支援サービスは、ボーイング社と合衆国空軍のチームにより提供された。下院は、合衆国が 機体の使用とAWACSのデータの共有に対して実態のある監督を有することを要求した。

 1985年、サウジアラビアは、Peace Shield指揮・統制・通信・情報(C3I)システムのために、ボーイングを長とする企業連合とも契約した。その目的は、AWACS及び地上設置監視レーダーにより収集された情報を戦闘機及びI-Hawk SAMを含む地上防空とリンクさせ、湾岸及び紅海経由とイエメン方面からの攻撃に対する統合防空を提供することだった。1991年、 it was announced that the Hughes Aircraft Corporationが had assumed management of the project, which had been subject to delays in its completion.

 Peace Shieldシステムは、王立サウジ空軍が空中及び地上設置資源を管理することを可能にする。これは、中央司令作戦センター、地域センター、長距離レーダー、及び多数の遠隔施設を含む。Raytheonは、システム開発業者として、王立サウジ空軍との直接契約の下、システムを維持し続けている。

 1992年現在、王立サウジ空軍の第一線戦闘航空戦力は、約200機から成り、6個戦闘/地上攻撃飛行隊と5個戦闘防空飛行隊に組織された。空軍の人力は、約18,000人と見積もられた。近隣諸国の空軍力と比較して控えめであるにも拘らず、RSAFは、サウジ軍で最も近代的かつ有効なものと考えられた。その任務は、攻撃に対して経済施設及びサウジアラビアの広く分散した人口中心地を防衛すること、特に、同国の高度に脆弱な石油汲み上げ基地、加工及び積み込み施設、並びにペルシャ湾の石油プラットフォームに対する航空攻撃又は強襲上陸を撃退することだった。

 第一線戦闘機は、ペルシャ湾の主要石油施設を防衛するダハラン、下紅海の重要港湾と聖地をカバーするAt Taif、イエメン国境地帯を防衛するKhamis Mushayt、並びに上紅海の重要港湾とヨルダン、シリア、及びイスラエルに隣接するサウジ領空を防衛するTabukの4ヶ所の重要飛行場に配備されている。これら4つの基地とリャドの航空基地は、ホーク改(I-Hawk)SAM、強化航空機シェルター、及び地下指揮所により、航空攻撃から防護された。

飛行隊 機種
第2飛行隊 F-5E/F
第3飛行隊 F-5B/E/F
第5飛行隊 F-15C/D
第6飛行隊 F-15C/D
第7飛行隊 Tornado IDS
第10飛行隊 F-5E/F
第11飛行隊 Hawk 65
第13飛行隊 F-15C/D
第15飛行隊 F-5E/F
第17飛行隊 F-5E/F
第21飛行隊 Hawk 65/A
第29飛行隊 Tornado ADV
第34飛行隊 F-15C/D
第42飛行隊 F-15C/D
第55飛行隊 F-15S
第66飛行隊 Tornado IDS
第75飛行隊 Tornado IDS
第79飛行隊 Hawk 65
第55飛行隊 Tornado IDS

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー