アセフ・アシュ-シャウカト

 タルトゥス市(シリア西部)出身、1950年生まれ。質素な家庭の生まれ。1968年、国立大学法学部に入り、並びにバース党党員となった。1972年から1976年まで、同大学の歴史学部で勉強を続けた。博士論文のテーマは、1925年のシリア大蜂起だった。1978年、高等軍事アカデミーに入校。1983年、将校に任官。

 80年代中盤、アセフ・アシュ-シャウカトは、シリア陸軍の単なる将校だった。80年代末、アセフは、シャウカトより10歳若く、当時、ダマスカス大学薬学部を卒業したシリア大統領の一人娘ブシュラと知り合った。家族は、娘の選択を好まず、現大統領バシャルだけが彼の味方についた。彼の支援の下、1995年、アセフ・アシュ-シャウカトは、前妻と離婚して、ブシュラ・アル-アサドと正式に結婚した。愛娘の連れ合いには、少将の階級が授与された。この後、バシャルは、アセフと非常に強く接近し、ハフェズ・アサドですら、彼を安全保障問題担当顧問に任命した。特にシャウカトは、政府、軍及び党機構における一連の「粛清」の主導者だった。この興隆には、大統領一家の全員が満足したわけではなかった。1999年、ハフェズの三男、マエルですら、直接宮殿でシャウカトに発砲した。このことは、シャウカトの出世を妨げなかった。当初、彼は、軍事情報部副部長に任命され、2000年初め、国内保安庁を指揮した。

  この人物は、既に数年間、シリアの最高指導部、特に最近選出された大統領バシャル・アル-アサドに対して大きな影響力を有している。この際、彼は、必ず影に留まっている。 断片的、かつ、しばしば矛盾する西側マスコミの報道は、общей картины не проясняют. それ故、мы решили заполнить существующий пробел и представляем вашему вниманию историю жизни одной из ключевых фигур постхафезовской Сирии - Асефа аш-Шауката.

 タルトゥス市(シリア西部)出身、1950年生まれ。普通のアラウィ人の家庭に生まれた。1968年、ダマスカスに移転した。同年、国立大学法学部に入り、並びにバース党員になった。法学教育を受けた後、1972年から1976年まで、同大学の歴史学部で勉強を続けた。博士論文のテーマは、1925年のシリア大蜂起だった。

 教育終了後、2年以上、定職を持たなかった。1978年、高等軍事アカデミーに入校した。1983年、将校に任官した。

 80年代中盤、アセフ・アシュ-シャウカトは、シリア陸軍の単なる将校だった。彼は、高等教育を有し、一定の能力と大きな野心で際立っていた。しかしながら、アシュ-シャウカトは、この際、非常に限定され、予測できる未来への展望しか有していなかった。影響力のある親戚と強力な庇護者もなく、彼には、事実上、не было шансов подняться до сияющих высот политического Олимпа. Тут-то в アセフ・アシュ-シャウカトの運命に вмешался его величество случай, полностью изменивший ダマスカス大学の卒業生のその後の全人生を完全に変えた. 80年代末、при невыясненных обстоятельствах アセフは、シリア大統領の一人娘、ブシュラ・アル-アサドと知り合った。ハフェズ・アサドの愛娘は、シャウカトより10歳若く、当時、ダマスカス大学薬理学部での勉強を終えていた。Как именно самая престижная невеста Сирии познакомилась с 当時余り知られていなかった地上軍将校と, по сей день остается тайной. その代わり、слухи о бурном романе единственной дочери президента с Асефом аш-Шаукатом довольно быстро распространились по シリアの首都. Особую скандальность их отношениям придавал тот факт, что シャウカトが既に妻帯で、ブシュラの父は、当然のことながら、断固としてアセフに反対した. しかしながら、大統領一家におけるシャウカトの最も強硬な敵は、ハフェズ・アサドの長男、彼の公式後継者であるバセル・アル-アサドだった。彼は、悪賢いアシュ-シャウカトがブシュラを全く愛しておらず、その助けで政治権力を奪おうとしているだけだと主張した。Пытаясь избавиться от Асефа, バセルは、санкционировал целый ряд мероприятий физического воздействия на неугодного кавалера Бушры. 長男の味方は、неоднократно избивали Шауката, причем делали это весьма профессионально и от души. しかしながら、подобные меры не возымели практического результата, так как несчастный Асеф все равно продолжал встречаться со своей любимой, иногда даже в военном госпитале. 当時、バセルは、戦術を若干変え、アシュ-シャウカトは、угодил за решетку. В общей сложности избранник Бушры арестовывался по указанию ее старшего брата четыре раза.

 1994年1月21日、バセル・アル-アサドは、非常に奇妙な事情の下、ダマスカス空港への途上での自動車事故で死亡した。 これで、事実上、アセフ・アシュ-シャウカトの「愛の悪夢」は終わった。しかしながら、ブシュラの父、ハフェズ・アル-アサドは、従来通り、シャウカトを自分の潜在的娘婿と認めようとしなかった。Тут-то на помощь будущему шефу сирийских спецслужб пришел 大統領の次男、バシャル・アル-アサド. 上記事件の少し前、彼は、英国から帰国し、今、国内の権力闘争において信頼できる同盟者を見つけようとしていた(все больше набирающей силу в преддверии скорой кончины стареющего Хафеза Асада).

 1995年、アセフ・アシュ-シャウカトは、自分の最初の妻と離婚し、ブシュラ・アル-アサドと公式に結婚した。Не получив благословения всесильного отца невесты, молодожены переехали в シリアの首都の最も権威ある地区の1つ。メツェフに引越しした。しかしながら、間もなく、Башару удалось убедить престарелого Хафеза Асада, что подобное положение создает 一般国民の目に一家の非常に否定的なイメージを作り、, а также усиливает 統治体制の内部の敵の立場を強化した。結果として、アセフ・アシュ-シャウカトと彼の妻は、大統領宮殿に引越しし、「シリアのスフィンクス」の愛娘の婿には、少将の階級が授与された。この後、バシャルは、 アセフと非常に強く接近し、ハフェズ・アサドは、даже поручил последнему консультировать своего среднего сына (ставшего теперь его официальным преемником) по 全ての重要国家問題. アシュ-シャウカトは、大統領のこの委任事項を非常に上手く処理し、そのおかげで、1998年までに、事実上、国内で最も影響力のある人物の1人に変わった。

 その後、シャウカトは、政府、軍及び党機構における一連の「粛清」の主導者となった。Эти «мероприятия» и обеспечили беспрепятственное восхождение Башара Асада на престол. Более того, расчищая «старую гвардию», アシュ-シャウカトは、выдвигал на ключевые посты преданных ему людей, что значительно укрепило 大統領の娘婿の立場を著しく強化した。 つまり、例えば、1998年1月に退役させられたヒクマト・シハビ将軍の場所には、今や参謀総長となったシャウカトの親友、アリ・アスランが任命された。軍と政府機構において行われた変化は、アセフ自身がシリア陸軍情報部長のポストを占めることを可能にした。このポストは、以前、更迭されたアリ・ドゥバ将軍が占めていた。今や、ハフェズ・アサド大統領は、 ほぼ全てにおいて、自分の活動的な娘婿を当てにし、彼をバシャルの安全保障問題担当特別顧問に任命すらした。この任命は、軍だけではなく、国内保安システムにおいても、アシュ-シャウカトの立場をますます強化した。

 Стремительное возвышение выходца из простой алауитской семьи многим, естественно, не нравилось. Больше всех недовольство по этому поводу высказывал ハフェズ・アサドの三男マエル, известный своей распущенностью и неуравновешенным характером. 90年代初め、彼は、父の命令により軍務に入ったが、однако максимум, чего Маэр сумел достичь, это 大統領親衛隊の上級中尉の階級. それ故、マエルは、当初から、有能で、成功したシャウカトの急速な出世を非常に妬み、а также панически опасался усиления 軍及び保安システムに対する後者の影響力の強化. И вот, наконец, в ноябре минувшего года произошел неизбежный конфликт между этими двумя непримиримыми противниками. В результате перестрелки в 大統領宮殿 マエルは、拳銃でアセフ・アシュ-シャウカトの足を撃った。この後、зятя Хафеза Асада увезли в Париж, где его поместили в военный госпиталь «Валь де-Грас». 間もなく、バシャル・アサドは、прилетел во Францию специально для того, чтобы проведать раненого родственника и друга.

 マエルにとって不幸なことに、アセフの負傷は、比較的軽傷だったため、彼は、11月初めに祖国に帰国した。わずか数週間後、アシュ-シャウカトは、軍事情報部副部長のポストに任命された。最強のシリア特務機関の機構において、シャウカトは、非常に迅速に全ての実際の決定を採択する現実的指導者に変わり、ハッサン・ハリル将軍は、стал всего-навсего номинальной фигурой в «подконтрольном» ему ведомстве. この外、アセフは、従来通り、シリア軍参謀本部に従属しない特殊部隊をその管轄下に有した。И наконец, уже в начале нынешнего года アシュ-シャウカトは、シリア国内保安機関を指揮し、став, таким образом, одним из столпов асадовского режима.

  6月10日、シリア大統領ハフェズ・アサドが死去した。この直後、バシャル・アサドは、統治体制の立場の強化に係わる全問題を個人的に監督することをシャウカトに委任した。Слухи о том, что アセフが ダマスカスの政界で最も影響力がある人物, полностью подтвердились на похоронах Хафеза Асада. 当時、シャウカトは、バシャルと並んで立ち、追悼文を読んだ。しかしながら、アセフ・アシュ-シャウカトの特別な地位が大統領一家と密接に関係していることを忘れるべきではない。この際、彼の今後の出世は、также всецело зависит от прочности режима Асадов (и особенно Башара), ибо без них он не представляет собой самостоятельную фигуру. 普通のアラウィ人家庭の出身であるアシュ-シャウカトは、не может рассчитывать на 自分の民族共同体の名のある権威の支援を当てにできない。彼にとって唯一のチャンスとは、新大統領との協力である。それ故、バシャル・アサドの右手として、アセフ・アシュ-シャウカトは、今後も、シリアの政治事件の中心にいるものと、ほぼ確信して予想することができる。

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー