アヤトラ・モハジェラニ

 イランの改革運動の活動家、「創作従事者党」設立者の1人である。1997年の大統領選挙の準備過程において、M.ハタミのプログラムのより公然たる支持のために、創作従事者党の立場の一部変更に賛成した。

 1997年8月、A.モハジェラニは、文化・イスラム理解相となり、新政府で重要なポストの1つを占めた。プレス問題担当次官として、彼は、これまで国営通信社IRNAで数年間働いていたアフマド・ブルカニ・ガラハニを任命した。1年未満彼が率いた委員会により、数十件の出版物発行ライセンスが交付され、その多くは、親政府の立場を取った。新しい文化・イスラム理解相の行動は、保守政治活動家の激しい不満を引き起こした。1998年、彼は、当時内務相だったA.ヌリと共に、イスラム過激派構成員側からの攻撃に曝され、軽傷を負った。1999年春、メジリスにおいて、文化・イスラム理解相の弾劾に関する問題が提起されたが、これに関する最終決定は採択されなかった。2000年の議会選挙前日、A.モハジェラニは、「創作従事者党」指導部の結集に関する努力に着手した。しかしながら、 これらの措置は、自分自身の影響力を害することを懸念したH.ラフサンジャニ一族側からの抵抗に直面した。創作従事者党の分裂とその後の人気の低下の結果、その数人の党員しか、代議員委任状を得られなかった。H.ラフサンジャニの娘、F.ハシェミは、メジリスの議席を失った。

 第6期選挙後に強まったM.ハタミの方針の敵の圧力は、一連の最も人気ある新聞の閉鎖をもたらした。A.モハジェラニは、敵対派側からの多数の非難に曝され、辞表を提出せざるを得なかった。2001年1月、 辞表が受理され、イラン・イスラム共和国大統領は、元文化・イスラム理解相を文明間対話センター長に任命した。

 A.モハジェラニは、 イラン・イスラム共和国の多くの著名政治活動家と密接な親戚関係を有している。彼の妻、ジャミレ・カディワルは、反国家プロパガンダの嫌疑で服役し、第6期メジリス代議員でもある人気のある社会活動家の1人、モフセン・カディワルの妹に当たる。

 総じて、A.モハジェラニは、イランの改革運動の権威的指導者の1人として留まり続け、国民中で広い人気を維持している。

上へ

最終更新日:2004/03/15

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー